MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

5月号通常号

5月号通常号

2024年4月9日(火)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【これが世界の最先端!?】欧州でデビューしたボルボの新世代フラッグシップ「EX90」が凄い。

執筆者:

ボルボEX90 充電風景

安全性を重視した、実直で堅実な作りで人気の高いボルボ。スウェーデンのお国柄か、クリーンかつスタイリッシュで、派手過ぎないところも魅力となっている。そんなボルボの新時代到来を告げるモデルが今回取り上げる電気自動車「EX90」。本国スウェーデンで発表されたばかりだが、2023年からアメリカで生産を開始。近未来的な出で立ちだが、近いうちに日本にもやってくる現実的なモデルだ。

リーンかつスマート、これがEVの次世代デザイン!?

ボルボEX90 外観フロント

電動化に積極的な姿勢を示すボルボは、2030年までにすべての販売車を電動化すると宣言しているが、この「EX90」はまさに新しい時代に入ったと感じさせる「100%電動の7人乗りSUV」。ポジションとしてはXC90の後継となるが、EXというシリーズ名からも、世代が大きく変わったことを感じさせる。

まずデザインから新鮮。ボルボのアイコンとなっているトールハンマーを継承して、従来どおりクリーンかつスマートなデザインとしながら、100%電動であることを感じさせる斬新なものとなっている。これが新しいボルボデザインの基本となっていくのだろう。

ボルボEX90 外観リヤ

インテリアには14.5インチのセンタースクリーンが設けられ、Googleアシスタントによるハンズフリー支援、Googleマップのナビゲーション、Google Playのお気に入りアプリなど、Googleのアプリやサービスが組み込まれる。ワイヤレスのApple CarPlayにも対応する。メーターは高品質グラフィックスで、天然素材がインテリア各部に使われているのもポイントだ。

ボルボEX90 インパネ

ボルボEX90 フロントシート

ボルボEX90 リヤシート

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【トヨタのコンパクトHEV】一部改良のアクアに上質な特別仕様車「Z“ラフィネ(Raffine)”」が登場!

【ワイルドなクラウン!?】こうでなくちゃ!クラウン クロスオーバーに特別仕様車「 RS “ランドスケープ”」が登場

プロが解説「対向車のハイビーム」急増中の理由、ホンダのSUV「ヴェゼル」が上質モデルに移行!? ほか【クルマの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【お値段以上の作戦がすごい】スズキ新型「スイフト」は衝撃の“ノー”ストロングハイブリッド!自動車ジャーナリストが徹底解説『小沢コージの遊べるクルマ』

【限定200台のコンパクトSUV】自由な非日常を楽しもう!ジープ コンパスに限定車「ブラック シャーク」が登場

【さまざまなニーズに柔軟に対応】日産「アトラス」にダブルキャブ仕様、1.55t仕様が登場

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

【手ぶら派の味方】便利でタフでチルできる!グラミチの「最新ボトム」コレクション3選

今月のモノマックス特別付録

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!