MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【三菱らしい真面目なクーペSUV】さらに改良が加えられた「エクリプスクロス」は隠れた人気モデル!

執筆者:

エクリプス クロス(PHEVモデル)BLACK Edition  外観

「使い方無限大」車中泊が気軽に楽しめる移動基地、3大人気ブランドの“業界最高峰”シューズ ほか【アウトドアの人気記事ランキング】(2024年6月版)

エクリプスクロスは三菱のラインナップにあって、RVRとアウトランダーの間に位置するクロスオーバーSUV。「エクリプスクロス」といえば、扱いやすいサイズ感と三菱らしい逞しいな走りで、アウトドアでも頼りになる足として活躍しているが、このたび一部改良が加えられることになった。そこで今回はその新しいエクリプスクロスの魅力に迫ってみたい。

走る楽しさを持ったクロスオーバーSUV「エクリプス クロス」

2018年3月に登場した三菱 エクリプスクロスは、かつてスタイリッシュなデザインのスペシャリティ3ドアクーペとして販売されていた「エクリプス」という車名に、クロスオーバーを想起させるクロスを付加することで「走る楽しさを持ったクロスオーバーSUV」としてデビューした。

三菱らしい真面目なクーペSUVとして、デザイン、機能、走行性能などひとつ上の次元を目指して開発されたた。派手さはないが、その良さがじわじわと認められるようになり、2020年12月のビッグマイナーチェンジでPHEV(プラグインハイブリッドシステム)を設定してから人気が急上昇、根強い三菱SUVファンにも支えられ、好調な販売を記録している。

快適性と利便性の向上を図った変更

今回の一部改良では、P/G/ブラックエディションにエレクトリックテールゲートを標準装備して利便性を高め、リアシートにシートヒーターを標準化するなど快適性を向上させたことに注目。また、ガソリンエンジン車のM以外に後席充電用USBポートを採用して、後部座席でスマートフォン等のデジタルデバイスの充電など、利便性を向上させている。

さらに、ガソリンエンジン車ではM以外のグレードにも「マイパイロット」を新採用し、高速道路での長距離走行や渋滞時において、ドライバーの負担を軽減し、ロングドライブでの快適性・利便性を向上させた。

この記事のタグ

この記事を書いた人

近藤暁史

ライター近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「使い方無限大」車中泊が気軽に楽しめる移動基地、3大人気ブランドの“業界最高峰”シューズ ほか【アウトドアの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「跳ね馬のDNAを完璧に体現」フェラーリ新型車、レクサスの“遊べる注目車”徹底解説 ほか【クルマの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「最新世代のガソリンエンジン採用」電動化、運転支援、デジタル化の領域でさらに進化!フォルクスワーゲン“ゴルフ”8.5世代に注目必至

「9月の注文開始に向けて先行公開」フォルクスワーゲン パサートが激進化、ボディタイプはヴァリアントに一本化

「220台が日本上陸」史上最もタフで、最も走破性が高く、最もラグジュアリーな究極のディフェンダー“オクタ(OCTA)”がワールドデビュー!

「この出っ張り、いったい何?」ドアミラーの付け根…ほか “トヨタ車にほぼ付いている”小さな突起の効果を自動車ライターが解説

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!