MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    【三菱らしい真面目なクーペSUV】さらに改良が加えられた「エクリプスクロス」は隠れた人気モデル!

    エクリプス クロス(PHEVモデル)BLACK Edition  外観

    エクリプスクロスは三菱のラインナップにあって、RVRとアウトランダーの間に位置するクロスオーバーSUV。「エクリプスクロス」といえば、扱いやすいサイズ感と三菱らしい逞しいな走りで、アウトドアでも頼りになる足として活躍しているが、このたび一部改良が加えられることになった。そこで今回はその新しいエクリプスクロスの魅力に迫ってみたい。

    走る楽しさを持ったクロスオーバーSUV「エクリプス クロス」

    2018年3月に登場した三菱 エクリプスクロスは、かつてスタイリッシュなデザインのスペシャリティ3ドアクーペとして販売されていた「エクリプス」という車名に、クロスオーバーを想起させるクロスを付加することで「走る楽しさを持ったクロスオーバーSUV」としてデビューした。

    三菱らしい真面目なクーペSUVとして、デザイン、機能、走行性能などひとつ上の次元を目指して開発されたた。派手さはないが、その良さがじわじわと認められるようになり、2020年12月のビッグマイナーチェンジでPHEV(プラグインハイブリッドシステム)を設定してから人気が急上昇、根強い三菱SUVファンにも支えられ、好調な販売を記録している。

    快適性と利便性の向上を図った変更

    今回の一部改良では、P/G/ブラックエディションにエレクトリックテールゲートを標準装備して利便性を高め、リアシートにシートヒーターを標準化するなど快適性を向上させたことに注目。また、ガソリンエンジン車のM以外に後席充電用USBポートを採用して、後部座席でスマートフォン等のデジタルデバイスの充電など、利便性を向上させている。

    さらに、ガソリンエンジン車ではM以外のグレードにも「マイパイロット」を新採用し、高速道路での長距離走行や渋滞時において、ドライバーの負担を軽減し、ロングドライブでの快適性・利便性を向上させた。

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】1090円で使えすぎる! ビーン・ブーツ風トートバッグは絶対買い!

    【付録】1090円で使えすぎる! ビーン・ブーツ風トートバッ…