MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

モノマックス12月号

モノマックス12月号

2022年11月9日(水)
特別価格:1090円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【軽さは正義】ヤマハの“快速・快適スクーター”JOG125は街乗り楽々で無敵の相棒!

街乗り楽々のコンパクトなスポーティスクーター

シンプルに街での快適な移動を考えた際、数あるバイクの中で最も楽と言えるのがスクーター。さらに扱いやすく、制限が少ない上にストレスのない走りを得られることから現在人気となっているのが125ccを中心とする原付二種クラスである。

各メーカーから様々なモデルが登場しているが、いずれも大柄な車両が多く、コンパクトでシンプル&スポーティなデザインとなると一層絞られてくる。軽くて扱いやすく、走りは軽快、そして価格もリーズナブルなものが欲しい、そんな車両を求める人にピッタリのモデルがある。

それがヤマハの「JOG125」だ。スマートなボディに軽快かつエコな走り、そして洗練されたシンプル&スポーティなデザインでライダーに快適な移動を与えてくれる。“シンプルイズベスト”という言葉がしっくりとくる、そんな一台となっている。

アクティブ&スタイリッシュなボディデザイン

ボディデザインは、従来のJOGシリーズのスポーティなイメージはそのままに、新たな時代のJOGシリーズを担っていくように「Friendly(親しみのある)、Lively(活気のある)、Sensuous(官能的な)」をキーワードとして新たな造形としている。

車体全体はコンパクトにして軽さと扱いやすさを表現、またフロントカウルに一体化させたフラッシャーとサイドカバーの滑らかなボディラインによってダイナミックを表現しつつも親やすさを表現している。

ヤマハが展開する原付二種スクーターの中でも最軽量かつボディ剛性バランスもとった新設計のアンダーボーン型フレームの採用や足つき性と乗り心地を両立させたシート(ヤマハ125ccスクーターで最も低いシート高735mm)は、車体の軽さとあいまって、ライダーに扱いやすさと安心感をもたらしてくれる。

パワフルかつ低燃費を実現したBLUE COREエンジン

エンジンは、高効率燃焼とロス低減、そして高い冷却性の3点を基本として開発され、走りの楽しさと燃費・環境性能を両立させるBLUE COREエンジンをJOGシリーズとして初搭載し、パワフルな走りとスムーズな加速が味わえる。

さらに始動時はスターターモーターとして機能し、走行時はジェネレーターとして働き、従来のスターターモーターと減速ギアを不要とし、軽量・コンパクト化と静かなエンジン始動を実現する「Smart Motor Generator」を搭載している。

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月のモノマックス特別付録

【付録】1090円で使えすぎる! ビーン・ブーツ風トートバッグは絶対買い!

【付録】1090円で使えすぎる! ビーン・ブーツ風トートバッ…