MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    あのスバル「レックス」が復活!? 新登場した“コンパクトSUV”の魅力と狙いとは?

    スバル レックス 外観


    11月11日、スバルからコンパクトSUV「レックス(REX)」が登場した。意外なことに、スバルにはこれまでコンパクトSUVはなく、人気市場に待望の参入となるのだが、実はこのモデルはダイハツのOEMモデルで、ダイハツ「ロッキー」、トヨタ「ライズ」と兄弟車となる。ではなぜいまこのモデルが登場したのか、その魅力と狙いに迫ってみたい。

    OEM供給を受ける形で誕生した新しい「レックス」

    スバル レックス 走りイメージ

    スバル「レックス」と聞いて、かつての軽自動車を思い浮かべる方も多いことだろう。軽自動車のレックスが登場したのは1972年。「スバル360」ゆずりのリアエンジン、リアドライブのRRモデルで、当初は360ccでスタートし、のちに500cc、550ccへと排気量を拡大した。2代目以降はFFとなり、1986年には3代目が登場。軽自動車「レックス」は20年にわたって愛されていた。

    その「レックス」が30年ぶりにコンパクトSUVとして復活したわけだが、そのいきさつは少々複雑。コンパクトSUVのないスバルは、ダイハツからOEM供給を受ける形でコンパクトSUV「レックス」を市場に投入したのだ。

    そのためダイハツ「ロッキー」/トヨタ「ライズ」と兄弟車となるわけだが、エクステリアやインテリアにロッキーとの大きな違いはなく、パワートレーンは1.2L直3自然吸気に7速マニュアルモード付きのCVTを組み合わせたFFのみ。ロッキーとライズにあるハイブリッドモデルや4WDモデルは設定されていない。

    スバル レックス 外観 真横

    コンパクトSUVをマルチに選択できるという魅力

    それでもスバルにとってコンパクトSUV市場への参入の意味は大きい。スバルもコンパクトSUVを開発していないわけではなく、実は「レックス」よりもひとつ大きなカテゴリーのコンパクトSUV「クロストレック」を自社開発して2023年から販売を開始する予定となっている。

    この時に、スバルのコンパクトSUVが「クロストレック」のみなのか、マルチに選択できるのかでは大きな違いとなる。ユーザーの声に対応できるという強みも出てくるだろう。

    スバル レックス インパネ

    ちなみに、「レックス」の車種構成は、エントリーグレードの「G」と上位グレードの「Z」というシンプルなもの。「G」はボディカラーがモノトーン7色で、シートは赤いパイピングの装飾が施されたファブリック。「Z」はボディカラーが2トーンの2色を加えた9色で、前席シートヒーター、助手席シートアンダートレイ、ブレーキホールド機能付き電動オートパーキングブレーキなどが装備される。

    細かな仕様はスバルのユーザー層の好みなどにあわせて、ダイハツ「ロッキー」/トヨタ「ライズ」とは若干異なり、車両価格も共通というわけではない。

    スバル レックス 外観リヤ

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群な「スマホショルダーバッグ」が1090円で付いてくる!

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群…