MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【高まる期待】日産の新型「セレナ」がちょっとだけ世界初公開!

執筆者:

新型セレナー ティザー画像

補助金を適用すると……“車両価格は200万円以下!?” ホンダが軽商用EV「N-VAN e:」を正式発表!


2022年11月11日、日産自動車は「セレナ」をフルモデルチェンジすることを予告し、その内容をほのめかす先行情報を公式ホームページ上で公開している。まだごく一部しか明らかになっていないが、今後セレナの新車情報を順次アップしていくという。

日産自らがフルモデルチェンジすることを予告

日産セレナは1991年にバネットコーチのフルモデルチェンジ版としてデビュー、それ以来、ミニバン人気の主役の1台として時代とともに進化。ハイウェイスターなどスポーティな要素も盛り込んでベストセラーミニバンとなった。

現行5代目セレナも、広く快適な室内空間、スライドドアやバックドアの開閉のしやすさなど、ミニバンとしての高い基本性能に加え、電動パワートレーン「e-POWER」や運転支援技術「プロパイロット」をはじめとした先進技術を積極的に採用して高い人気を誇っている。
現行セレナ 外観

そんな5代目セレナも登場から6年を迎え、フルモデルチェンジの噂が流れているが、それに対応してのことか、日産自らがフルモデルチェンジすることを予告して、ティーザーキャンペーンに打って出た格好だ。

ライバルのトヨタ ノア/ヴォクシーが2022年1月、ホンダ ステップワゴンが2022年5月にフルモデルチェンジしたことを受けて、いよいよ日産セレナの出番となる。

順次明らかになる「新型セレナ」の全貌

11月11日の先行情報第1弾ではまず、今回のフルモデルチェンジで、第2世代「e-POWER」や先進運転支援システム「プロパイロット2.0」を搭載することがアナウンスされている。 これにより、歴代セレナの特徴である「家族に喜ばれる機能や使い勝手」を充実させ、「家族みんなでの特別なお出かけを心から楽しみ尽くせるミニバン」へと進化を遂げるという宣言だ。

また同時に左フロントのヘッドライト周りの画像も公開されているが、この画像についての説明はないので、これがどんなモデルなのかはわからない。新エンジンの噂も流れているが、日産では今後も順次ホームページで情報を公開していくということなので、期待したい。 発表日時については「COMING SOON」とだけ発表されているが、2022年内と噂されている。

この記事のタグ

この記事を書いた人

近藤暁史

ライター近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

補助金を適用すると……“車両価格は200万円以下!?” ホンダが軽商用EV「N-VAN e:」を正式発表!

「三菱の頼れる軽トラ」新色がカッコいい! 一部改良のミニキャブ トラックが安全性&利便性を進化させて登場

ファン驚き「ポルシェ 911カレラ」が大幅アップデート、911カレラGTSは電動ターボ&ハイブリッドを搭載

さらに“使える軽トラ”へ進化!マツダ「スクラムトラック」が快適性、安全性、燃費性能を向上させる改良を実施

「新デザインのエクステリアに注目」日産ノートをベースとしたカスタムカー“ノート AUTECH CROSSOVER”がマイナーチェンジ

「200万円以上も安くで話題」メルセデスEQEに待望の価格を抑えた限定車“EQE350+ エレクトリックアート”が登場

【最注目のメンズケアブランドを徹底解剖】七つのキーワードからMARO17の魅力を紐解く!

「ロマンあふれる腕時計」ザ・ニシオギの最新作は隕石と天然石で夜空の煌めきと神秘を表現した珠玉の一本

【入荷したら即完売を繰り返す】アタオのギミック財布「チェス」の新作もやっぱり買い!

今月のモノマックス特別付録

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ