MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    2023年は【バーボン】がくる予感?「ワイルドターキー」の伝説の1本が復活!

    世界的に盛り上がりを見せているウイスキー市場。スコッチウイスキーやジャパニーズウイスキー人気も続いていますが、今じわじわと伸びているのがバーボン。

    代表的ブランドであるワイルドターキーは今年、かつて人気だったバーボンを復活させたほか、数量限定のスペシャルな1本を発売するなど、攻めの姿勢でウイスキー市場を賑わせています。もしかしたら来年はバーボンの年になるかも!? 波に乗り遅れないよう、いち早くチェックしておきましょう!

    ワイルドターキー

    バーボンとは?

    バーボン(バーボンウイスキーともいいます)はアメリカで作られているウイスキーの1種。アメリカではバーボンの定義が法律で定められており、例えば原料の穀物中にトウモロコシを51%以上含む、内面を焦がしたホワイトオークの新樽を使うなど。それら条件をクリアーしたウイスキーがバーボンと名乗ることを許されます。

    また、ウイスキー界では、世界5大ウイスキーという言葉があります。世界的なウイスキー生産国である5つの国(スコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダ、日本)と、その国で作られるウイスキーのことを指します。アメリカンウイスキーは世界的な知名度を誇るウイスキーブランドであり、なかでもバーボンは、アメリカンウイスキーの代名詞的存在なのです。

    ワイルドターキー

    ワイルドターキーはバーボンを代表するブランド

    バーボンという名称はアメリカのケンタッキー州バーボン郡で生まれたことに由来します。現在、バーボンを象徴するブランドはいくつかありますが、ワイルドターキーはバーボンの中でも屈指の人気ブランド。味はスパイシーでバニラのような香りと甘み、上質なまろやかさが特徴。最低6年以上の長期熟成が基本で、長いものでは13~17年の期間熟成させます。そんなワイルドターキーから、今年登場した注目の2本を紹介します!

     

    ファンの声を受けて復活!「ワイルドターキー 12年」

    12YO_main

    「ワイルドターキー 12年」は1990年代に販売していましたが、長期熟成原酒のひっ迫などの理由で終売に。しかし、ファンからの復活を望む声や供給の目処がたったことから、今年ついに復活。バーボンの熟成は10年が限界と言われていますが、「ワイルドターキー12年」は、ワイルドターキー蒸留所の熟成庫から長期熟成に適したものを厳選し、その原酒をふんだんに使っています。内側を最も強く焦がしたアリゲーターチャーと呼ばれる樽を用い、ワイルドターキーの特徴であるバニラとキャラメルの香りがさらに凝縮。甘さとスパイシーさにエレガンスさも備えた個性的な仕上がりです。

    ワイルドターキー 12年 700ml
    アルコール度数 50.5%
    希望小売価格¥8,800(税込み)
    原産国 アメリカ合衆国

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群な「スマホショルダーバッグ」が1090円で付いてくる!

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群…