MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

1月号通常号

1月号通常号

2022年12月8日(木)発売
特別価格:1090円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • 健康的でおいしい食事!NOSH
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

    2022/11/25 16:00

    【3ヶ月使用レポ】床掃除がほぼ自動!?「ロボロック」3WAYロボット掃除機のココがすごかった!

    ロボット掃除機メーカー、ロボロックのフラッグシップモデル『S7 MaxV Ultra』が8月に発売されました。約3ヶ月使ってみてわかったことをご紹介します!

    ロボロック S7 MaxV Ultra

    S7 MaxV Ultra

    最初に結論! 床掃除がほぼおまかせ状態に!

    『S7 MaxV Ultra』を使い始めてすぐ、掃除へのハードルが急激に下がりました。掃除をしたくなったらロボロックを動かすだけ。床のホコリが気になるときはもちろんのこと、ちょっとフローリングを水拭きしたいときも、気軽に『S7 MaxV Ultra』を動かすようになりました。2週間後からはアプリで掃除時間をスケジュール化し、掃除開始も自動化。床掃除はほぼ『S7 MaxV Ultra』におまかせです。

    おまかせ状態になった理由!『S7 MaxV Ultra』はここが進化!

    ここまでおまかせ状態になったのは、『S7 MaxV Ultra』が大きく進化したから。前フラッグシップモデル『S7 MaxV Plus』との違いをピックアップします。

    (1)本体に自動給水・自動洗浄

    本体に水タンクを搭載し、本体の水タンクとモップに自動で給水。水拭きのときにモップを濡らす必要がなくなりました。ドックに水をれておく清水タンクがあり、本体の水タンクへの給水を自動で行います。水拭き中に、本体の水が少なくなったら、自動でドックに戻り給水。モップは本体下部の後方に設置されています。

    ロボロック S7 MaxV Ultra

     

    ドックの水タンクは2つ。1つは掃除機本体に給水するための清水タンク。もう1つはモップを洗浄し、汚れた水をためる汚水タンク。

    ロボロック S7 MaxV Ultra

    タンクは取り外し可能なので、水の補給や汚水の始末も簡単です。ハンドルつきなので持ち歩きやすいのがよかった。

    ロボロック S7 MaxV Ultra

     

    (2)ゴミ収集が紙パックのみに

    『S7 MaxV Plus』はゴミ収集がサイクロンと紙パックの2通りを選べましたが、『S7 MaxV Ultra』は紙パックのみ。サイクロンはゴミタンク内部が汚れやすかったので、これも進化と言えるでしょう。紙パックのサイズは2.5L。約60日分のゴミをためられるので、ゴミ捨ての手間が大幅に減ります。

    ロボロック S7 MaxV Ultra

    紙パックはスライド式で付け替えもスピーディー。

    ロボロック S7 MaxV Ultra

    他にも充電時間が短くなったことも進化のひとつ。水タンクが2つ搭載されたことでドックのサイズは大きくなりましたが、そのおかげでゴミ収集・給水・モップ洗浄が自動でできると考えれば、十分目をつむれます。ちなみにドックは「3way全自動ドック」という名称になりました。

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】10個のポケット付きでビッグサイズ! 1090円で最強すぎるトートバッグが必ず付いてくる!

    【付録】10個のポケット付きでビッグサイズ! 1090円で最…