MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    2022/12/04 14:00

    フォルクスワーゲン「ポロGTI」がマイナーチェンジ!2L直4ターボエンジンは7psパワーアップ

    ポロGTI 走行イメージ

    フォルクスワーゲン ポロGTIがマイナーチェンジして登場した。ファンにとっては待望の復活。帰ってきたポロGTIはどんなモデルに進化したのだろうか。ベースとなるポロシリーズの性能向上とともに、新しくなったポロGTIに大きな期待が寄せられている。

    「ゴルフGTI の弟分」として誕生したホットハッチ

    ポロGTI 走行イメージ

    ポロGTIはコンパクトカー「ポロ」をベースとしたホットハッチ。1998年、3代目ポロの世代において、「ゴルフGTIの弟分」として誕生した。

    当初はゴルフGTI よりも小さなエンジンを搭載していたが、最近はゴルフGTI と同排気量の2.0TSIターボエンジンを搭載、ゴルフGTI に匹敵するスペックを持ちつつある。

    ゴルフGTI がハイパフォーマンス化することで、ポロGTIがホットハッチらしい存在になりつつあるという声もある。

    ポロGTI 外観リヤ

    ポロシリーズのMCから遅れて登場した「GTI」

    今回ポロGTIのマイナーチェンジが発表されたことには少々複雑な事情がある。

    ポロは2022年6月にマイナーチェンジされ、フロント/リア周りのデザインを刷新、さらにグレード構成も一新するなど大規模な変更が行われたが、その発表に「ポロGTI」の情報はなく、「ポロGTI」は一時的にポロシリーズのラインナップから消えていた。

    そして遅れてこのたび、6月のマイナーチェンジに則した変更が加えられた新型「ポロGTI」が登場したというわけだ。

    最新型のポロGTIは従来よりも7PS上回る最高出力207PSの2L直4 DOHCターボエンジン(2.0TSI)を搭載、最大トルクは変わらないが、7速DCT(DSG)と組み合わされ、最高速は236km/hから240km/hへ、0→100km/h加速は6.7秒から6.5秒に向上している。

    ポロGTI 2.0TSIエンジン

    シャシにはノーマルモデル比で15mmローダウンされたGTI専用のスポーツサスペンションを採用。高速でのコーナリング時にトラクション性能を最適化する電子制御式ディファレンシャルロック「XDS」や、自分好みの走りを選択できるドライビングプロファイル機能も標準で装備される。

    オプションとして、 スポーツモードとノーマルモードの切り替えを可能とするアクティブダンパーを備えた「スポーツセレクト(Sport Select)シャシー付スポーツパフォーマンスキット」と7.5J×18インチアルミホイールと215/40R18タイヤをセットにした「スポーツセレクトパッケージ」も用意されている。

    ポロGTI ホイール アップ画像

    エクステリアのデザインはポロシリーズの変更にあわせて、フロントグリル下方の赤いGTIラインとともに走るLED、左右に2個のLEDドライビングライトに手が加えられ、LEDマトリックスヘッドライト「IQ.ライト(IQ.LIGHT)」も搭載する。

    ポロGTI マフラー アップ画像

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群な「スマホショルダーバッグ」が1090円で付いてくる!

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群…