MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    2022/12/20 14:00

    【この機械式時計が欲しい!】国産初の腕時計をオマージュした「セイコー プレザージュ」限定モデル

    セイコーウオッチは、セイコープレザージュから国産初の腕時計「ローレル」をオマージュし、当時のデザインを表現したセイコー腕時計110周年期限限定モデルをローンチ。
    セイコーウオッチは、セイコープレザージュから国産初の腕時計「ローレル」をオマージュし、当時のデザインを表現したセイコー腕時計110周年期限限定モデルをローンチ。
    2023年1月13日(金)より販売を予定している。
    セイコーウオッチは、セイコープレザージュから国産初の腕時計「ローレル」をオマージュし、当時のデザインを表現したセイコー腕時計110周年期限限定モデルをローンチ。
    セイコーが1913年に発売した「ローレル」は“機械遺産”に認定された国産初の腕時計。
    セイコーウオッチは、セイコープレザージュから国産初の腕時計「ローレル」をオマージュし、当時のデザインを表現したセイコー腕時計110周年期限限定モデルをローンチ。

    「セイコー プレザージュ クラフツマンシップシリーズ 琺瑯ダイヤル(SARW065)」
    ¥220,000/自動巻(手巻つき)/37.5㎜径/日常生活用強化防水(5気圧防水)/世界限定2500本

    「SARW065」は、懐中時計を思わせる初代「ローレル」のフォルムを踏襲。
    ボックス型の風防をサファイアガラスで再現しながら、時計本体とストラップを可動式パーツで接続し、さらに初代のローレルと同様に大型りゅうずを採用するなど、最新技術を絡めながら、日本の腕時計の原点とも言える丸みを持つ独特な形状とプロポーションを表現している。

    ダイヤルは初代「ローレル」と同じく琺瑯を採用。
    セイコーウオッチは、セイコープレザージュから国産初の腕時計「ローレル」をオマージュし、当時のデザインを表現したセイコー腕時計110周年期限限定モデルをローンチ。
    製造難易度の高い琺瑯ダイヤルは、琺瑯職人の横澤 満氏監修のもと焼き上げられており、琺瑯ならではの艶やかな光沢と温かみのある質感を持ち、色褪せない美しさを保ち続ける。
    セイコーウオッチは、セイコープレザージュから国産初の腕時計「ローレル」をオマージュし、当時のデザインを表現したセイコー腕時計110周年期限限定モデルをローンチ。
    当時は秒針が配されていた6時位置には針式の日付表示を、9時位置には約45時間のパワーリザーブを配している。
    時分針、日針、パワーリザーブ針は当時と同じく繊細な形状を採用。
    ダイヤルに印刷されたアラビア数字も、オリジナルの書体を忠実に再現。
    セイコーウオッチは、セイコープレザージュから国産初の腕時計「ローレル」をオマージュし、当時のデザインを表現したセイコー腕時計110周年期限限定モデルをローンチ。
    特徴的な「4」の書体も表現した。

    ストラップとケースの接続部は、現代の品質基準をクリアしながらも、当時と同様の可動式構造を採用し、引き通しストラップデザインを採用。
    ストラップの表材には、柔らかくしなやかな鹿皮革を使用し、装着性を高めている。
    鹿皮革は通気性に優れており、湿気の多い気候にも適した素材。
    裏材には耐久性に優れたカーフを採用している。

    =詳しい情報はココをチェック!=
    <セイコー プレザージュ> セイコー腕時計110 周年記念限定モデル 特設サイト
    https://www.seikowatches.com/jp-ja/products/presage/special/110th_enamel/index

    MonoMax編集部

    MonoMax編集部

    カバン、財布、腕時計、アパレルなどのファッションアイテムから、家電、文房具、雑貨、クルマ、バイクまで、「価格以上の価値あるモノ」だけを厳選し、多角的にお届けします!

    Twitter:@monomaxweb
    Instagram:@monomax_tkj

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群な「スマホショルダーバッグ」が1090円で付いてくる!

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群…