MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

SUBARUファン待望の新型「インプレッサ」日本仕様車がついベールを脱いだ!

執筆者:

世界中にファンを持つマニアックなエンジンe-BOXERを搭載

この記事の画像一覧を見る(11枚)

2022年ロサンゼルスオートショーで世界初公開となっていた新型「インプレッサ」だが、ここで発表されたのは米国仕様車だった。しかし、ついに世界中にファンを持つマニアックなエンジンe-BOXERを搭載する最新「インプレッサ」の日本仕様車が初公開され、詳細が明らかになってきた。

今回日本初公開となった会場は「東京オートサロン2023」だ。「東京モーターショー」よりも大きな規模で開催され、アメリカの「SEMAショー」、ドイツの「エッセンモーターショー」に並ぶ世界最大級のカスタムカーショーでの公開だったのだ。

今春に受注予定!

新型「インプレッサ」(日本仕様車・プロトタイプ)
第6世代となる新型モデルは「インプレッサSPORT」から「インプレッサ」へと名称を改め、最新の技術を多数搭載。また初公開となった日本仕様車はプロトタイプであるものの、STIパーツをふんだんに盛り込んだ特別な1台だったのだ。ちなみに新型の受注は、2023年春以降を予定しているという。

速いクルマは、誰もが気持ちいいクルマ

STIパーツを装着した日本仕様の新型「インプレッサ」
STIパーツを装着した日本仕様の新型「インプレッサ」だが、STIとはSUBARU TECNICA INTERNATIONAL(スバルテクニカインターナショナル)の略であり、SUBARU車をベースにパーツの開発、エンジンチューニングを行い、レースに参加するSUBARUの関連会社。モータースポーツに挑み、技術を磨き続け、過酷なレースで培ったノウハウを反映したパーツは確実に速さにつながる。

新型「インプレッサ」(日本仕様車・プロトタイプ)
走りに悦びを感じられるSTIパーツを装着した新型モデルは速いクルマであり、誰もが気持ちいいと感じるクルマに仕上がって登場したのだ。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

最高傑作!ホンダの新型「N-BOX」、洗練された“黒”のフィット ほか【クルマの人気記事 月間ベスト3】(2024年1月)

「パーキングメーターの料金は払わなくていい!?」意外と知らない有料駐車場のルールと抜け道

【次世代のすごい乗り物】ヤマハの未来に繋がる「電動パーソナルモビリティ」プロトモデル7機種を一挙公開!

【ドラレコは船にも載る時代!?】JVCケンウッドが生んだ「通信型ドライブレコーダー」がもたらす可能性の拡大とは

【MonoMax 乗り物オブ・ザ・イヤー】クルマ部門の大賞は「日本が誇る究極のマルチパーパスカー」に決定!

【23-24 日本カー・オブ・ザ・イヤー】ぶっちぎりの1位にも納得!大賞に輝いたのはもちろんあのクルマ

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

【ギフトにも自分へのご褒美にも最高!】ピエールラニエのスケルトンモデルを選ぶ5つの理由とは?

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!