MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

トヨタの最小モデルは、軽ナンバーワンのダイハツが作ったコンパクトカー? トヨタ・パッソ&ダイハツ・ブーン新発売!

なにやらわかりにくいタイトルですが(笑)、そのままなんです。国内最大のラインナップ数を誇るトヨタの(軽自動車を除いた)全車種で最も小さいモデルが、パッソ。先代型まで「プチトヨタ♪」なんていう可愛いらしい愛称がついていたクルマです。一方、軽自動車販売台数ナンバーワンブランドのダイハツが販売している唯一のコンパクトカー(軽自動車の次に小さなクルマ)が、ブーン。こちらもパッソ同様、シンプルなデザインとお買い得価格で人気のモデルです。

「世界が再注目するFCEV」長い航続距離&水素充填時間の短さが話題に! ホンダ“CR-V e:FCEV”がついに日本で販売開始

 

知ってる人は知ってると思いますが、この2台、実は兄弟車です。そもそもトヨタ自動車とダイハツ工業は、別会社ながら資本関係にあったのですが、今年1月にダイハツの完全子会社化が決定(8月に株式交換実施予定)。今後は、共通の戦略を立て、技術を融合することで、より競争力のあるクルマを開発することを目標としています。その発表後の第一弾となる共有モデルが、この新型パッソと新型ブーンです。

P01_02_ƒRƒ“ƒZƒvƒg_ÄZ–ß‚µ

 

 

正確には、ダイハツが開発・生産を担当し、パッソはブーンのOEM車(他社のモデルを自社ブランドで販売するクルマ)として販売される形になります。つまり、基本的には同じクルマで、エンブレムが違うだけの完全なる兄弟車というわけです(従来モデルもほぼそんな感じでしたが)。だからユーザーが、どちらかを選んで買う場合、「近所にディーラーがあるから」「親戚がトヨタ(あるいはダイハツ)で働いてるから」といったローカルな理由で決めていいのです。

 

boon_160412003

paso1604_30

 

もちろん、世界ナンバーワンメーカーのトヨタと軽自動車ナンバーワンのダイハツがタッグを組んだモデルですから、クルマとしての実力に間違いはありません。コンパクトボディの取り回しの良さ、小ささに反した室内の広さ(←マツコ・デラックスのCMでもおなじみ!)、リッター28.0キロというクラストップレベルの低燃費性能、(両車とも)115万円からはじまるお買い得過ぎる価格設定、衝突回避支援システムの搭載、そしてなにより、選べる2種類のスタイルと12色以上のカラーバリエーションなど、その魅力は挙げたらキリがありません。アナタならどっちメーカーのどっちのスタイルで、いったいどんな色を選びますか?

パッソ

↑パッソ

 

パッソMODA

↑パッソMODE

ブーン

↑ブーン

ブーン シルク 

↑ブーン シルク

 

 

TEXT/安藤修也(フォッケウルフ)

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「世界が再注目するFCEV」長い航続距離&水素充填時間の短さが話題に! ホンダ“CR-V e:FCEV”がついに日本で販売開始

「使い方無限大」車中泊が気軽に楽しめる移動基地、3大人気ブランドの“業界最高峰”シューズ ほか【アウトドアの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「跳ね馬のDNAを完璧に体現」フェラーリ新型車、レクサスの“遊べる注目車”徹底解説 ほか【クルマの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「最新世代のガソリンエンジン採用」電動化、運転支援、デジタル化の領域でさらに進化!フォルクスワーゲン“ゴルフ”8.5世代に注目必至

「9月の注文開始に向けて先行公開」フォルクスワーゲン パサートが激進化、ボディタイプはヴァリアントに一本化

「220台が日本上陸」史上最もタフで、最も走破性が高く、最もラグジュアリーな究極のディフェンダー“オクタ(OCTA)”がワールドデビュー!

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!