MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

顔つきを大胆刷新!「マツダ2」がイメチェン、ファミリーから離脱⁉︎

執筆者:

大幅改良を遂げたマツダ2

この記事の画像一覧を見る(9枚)

マツダのエントリーモデル「マツダ2」が大幅改良を受けて登場した。「大幅改良」ではあるが、パワーユニットをはじめとしたメカニズムに大きな変更はない。それでもフロントマスクを大胆に刷新し、カスタムを楽しめる新グレードの追加、グレードの個性を明確化するなど、その内容はマツダが「大幅商品改良」と呼ぶのもわかる大規模なものになっている。

エントリーモデルらしく共感が得られるキャラクターに

がらりと印象が変わったマツダ2のフロントマスクまずデザイン面では、がらりと印象が変わったフロントマスクに目が行く。これまではマツダのファミリーに共通するイメージのフェイスだったが、今回の変更ではフロントグリルは天地を小さくし、マツダ車のアイデンティティともいうべきシグネチャーウイングをブラックに変更、グリルの大部分がパネルで覆われた新鮮な顔つきになった。

グレード展開は、ユーザーが選びやすいよう、それぞれの個性が明確なものになった。新グレードの「BD」は、自由な発想で自分らしくコーディネイトするためのベーシックな仕様で、BD(BLANK DECK)=ブランクデッキはステッカーなどが張られていない素の状態のことを示している。これは11色のボディカラー、それに合わせて設定される3色のインパネに、ルーフカラー、ホイールキャップカラーを組み合わせて、全部で198通りのカラーコーディネイトを選択できるというもの。

3色のインパネカラーを設定

グロスライトブルーのほか、ピュアホワイト、グロスブラックを設定

メーカーオプションのルーフフィルムも3色から選べる

ホイールキャップカラーは6色から選べる

この自分らしくコーディネイトできるBDのほか、スポーティさを強化したふたつの仕様も用意されている。「15スポルト」と「XDスポルト+」は、従来モデルに設定されていた特別仕様車「ブラックトーンエディション」にあたるグレード。MT仕様が引き続き設定されるほか、グロスブラックのメッシュグリル、16インチアルミホイール、黒を基調に赤いラインやアクセントの入ったシートなどの専用装備が設定されている。

グロスブラックのメッシュグリルなど専用装備するマツダ2 XDスポルト+

赤のアクセントが印象的なマツダ2 XDスポルト+のインテリア

さらに「15サンリットシトラス」を設定。これら従来同じ名称で特別仕様として設定されていたグレードで、ステアリングホイール、シフトノブ、パーキングブレーキレバーを本革仕上げとするなどプレミアム感、質感にこだわり、電動パワーシート、ステアリングヒーターなどが装備されている。

質感にこだわったマツダ2 15サンリットシトラス

このほかマツダ2には、法人向けのベーシックグレード「15C」「XD」やモータースポーツ参戦ベース用グレード「MB」があるが、この「BD」「スポルト」「サンリットシトラス」の3つのグレードが中心になるはずだ。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

最高傑作!ホンダの新型「N-BOX」、洗練された“黒”のフィット ほか【クルマの人気記事 月間ベスト3】(2024年1月)

「パーキングメーターの料金は払わなくていい!?」意外と知らない有料駐車場のルールと抜け道

【次世代のすごい乗り物】ヤマハの未来に繋がる「電動パーソナルモビリティ」プロトモデル7機種を一挙公開!

【ドラレコは船にも載る時代!?】JVCケンウッドが生んだ「通信型ドライブレコーダー」がもたらす可能性の拡大とは

【MonoMax 乗り物オブ・ザ・イヤー】クルマ部門の大賞は「日本が誇る究極のマルチパーパスカー」に決定!

【23-24 日本カー・オブ・ザ・イヤー】ぶっちぎりの1位にも納得!大賞に輝いたのはもちろんあのクルマ

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

【ギフトにも自分へのご褒美にも最高!】ピエールラニエのスケルトンモデルを選ぶ5つの理由とは?

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!