MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

特集体験レポート

「破格のカシオ時計!?」結論、カシオスタンダードは“買いの1本”でした!【使用レポート】

執筆者:

上品顔で大人も取り入れやすいデザイン!

大人顔のフェイスケースとベゼルにはステンレススチールを採用し、液晶部分には無機ガラスを合わせています。グレーとシルバーで構成されたフェイスは都会的な印象に仕上がっており、大人も付けられるデザインへと昇華されています。

ミラネーゼバンドを採用コレはいい! と思ったのがベルトです。編み目調のミラネーゼバンドを採用しているのですが、伸縮性があっていい感じの着用感なんです。太すぎず細すぎない絶妙なベルト幅になっており、手首に優しくフィットしてくれるので、着用時もストレスフリーでした!

ベルトも付け替え可能ベルトも付け替え可能なので、太さに合わせた別のベルトに交換なんてこともできちゃいます。ナイロンベルトに変えて夏仕様にするのもアリかと思います。

シンプルで分かりやすい機能!

ストップウォッチ機能24時間表示も可能シンプルな機能性というのもポイントの1つ。できることはストップウォッチ機能と時間表示の切り替え機能。左下のボタンを1回押すとストップウォッチ機能に切り替わり、右下のボタンを1回押すと12時間と24時間表示が選べます。この説明もいらないくらい、分かりやすく直感的に扱うことができます笑。

LEDバックライト機能も搭載さらに左上のボタンを押すことで、鮮やかな光で文字盤を照らしてくれるLEDバックライト機能も内蔵されており、夜間時の視認性も確保してくれます。

この記事のタグ

この記事を書いた人

小林知典

スタイリスト小林知典

1982年生まれ、福島県出身。スタイリスト栃木雅広氏に師事し独立。以後、雑誌・WEB・カタログを中心にスタイリングを手掛ける。最近ではアウトドアやインテリアにも興味を持ち、もっぱら収集する日々を送っている。

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「ファン待望のデニムブルー」レイモンド ウェイルが超話題の自動巻き時計にカジュアルにもマッチする新色を追加

「争奪戦必至」カシオ50周年モデル、世界最大の時計展帰りのプロが語る“最新トレンド” ほか【時計の人気記事ランキング】(2024年6月版)

「5万円以下の人気ブランド時計」デイリーに使えて存在感も◎“絶対満足の最新4モデル”を徹底解説【2024年最新腕時計スクープ】

「時を超えたエレガンスウォッチ」ニバダ・グレンヒェンが“1950年代の手巻き時計”を35mm径として復刻!

「人気ブランドの絶対満足ウォッチ」ハミルトン、セイコー5スポーツほか “20万円以下”の最新4モデルを徹底解説【2024年最新腕時計スクープ】

「周りと差がつく薄型時計」仏バルチックから“幻のモデル”の意匠を施したマイクロローター搭載モデルが新着

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!