MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

5月号通常号

5月号通常号

2024年4月9日(火)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

「アークテリクス × ビームス」待ちに待った第2弾はパッチワークと藍染からインスパイア!

執筆者:

ビームスはアークテリクス × ビームス第2弾となるコレクションをローンチ。2023年4⽉22⽇(⼟)よりビームス 原宿にて世界先⾏販売を予定している。人気です。おすすめです

この記事の画像一覧を見る(9枚)

ビームス創⽴25周年となる2001年にスタートしたビームス別注コレクションは、これまで数々の名品を⽣み出し多くのファンを魅了してきた。中でもアークテリクスとの取り組みは、2022年秋冬コレクションより海を渡り、アメリカ、イギリス、カナダ、中国のアークテリクス ブランドストアでも販売され、⼤きな話題を呼んだ。

そしてこのたび、アークテリクス × ビームス第2弾となるコレクションをローンチ。2023年4⽉22⽇(⼟)よりビームス 原宿にて世界先⾏販売を予定している。

今回のプロダクトコンセプトは、⽇本の伝統的な⼿仕事であるBoro(ボロ)。布や⾐類を⻑持ちさせる⽅法として、また東北地⽅の厳しい冬の寒さを凌ぐため、古くから受け継がれてきた布をはぎ合わせる、この技法。今回のコレクションは、このBoro独特のパッチワークのテクスチャーと、伝統的染⾊の藍染からインスパイアされたという。

「Beta Jacket」¥60,500 「Beta Jacket」¥60,500

「Beta Jacket」¥60,500

様々なアウトドアクティビティに対応可能な機能が詰め込まれたシェルジャケット。GORE-TEXの特徴でもある優れた耐久性・防水透湿性・防風性のプロテクションに加え、軽量で柔らかくしなやかな着心地と、着用時の静音性が特徴の「N30p 3L GORE-TEX fabric with GORE C-KNIT™ backer technology」を採用。

「Atom LT Hoody」¥41,800 「Atom LT Hoody」¥41,800

「Atom LT Hoody」¥41,800

アルパインクライミングでミッドレイヤーあるいは単体で着られるアイテムとして定評のある、多様性に優れた軽量中綿フーディ。さまざまな天候や発汗レベルに対応するコアロフトコンパクトは、濡れても暖かさを保ち、圧縮・収納を繰り返してもロフトを維持。ヨーノ20表⾯素材は、透湿性と耐久性を備え、ストレッチの効いたサイドパネルでフィット感と動きやすさを実現する。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「ユニクロvs無印良品 履き比べ」どっちが優秀!?、大人の最適解ジーンズ ほか【ファッションの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

編集部が推したい“ニュースな吉田カバン”、プロがガチ審査した「傑作カバン大賞」ほか【カバンの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【無印良品ランキング】撥水ジャケット、二刀流ポーチほか 編集部が選んだ“コスパ最強” 旅の相棒グッズおすすめベスト5

【耐久性が大幅アップ】リニューアルして新登場のアークテリクス「ベータ ジャケット」に注目!話題の素材“ePE メンブレン”とは?

“間違いない”ビジネスマン三種の神器、悩みに応える仕事カバンの最適解 ほか【ビジネスグッズの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

識者も納得の“新・一生モノギア”、ワークマンの神すぎるフリース ほか【アウトドアの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

【手ぶら派の味方】便利でタフでチルできる!グラミチの「最新ボトム」コレクション3選

今月のモノマックス特別付録

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!