MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【激シブのバイク】英国の不良が愛した古き良きカスタムスタイル「マットモーターサイクルズ」が日本上陸!

執筆者:

英国の不良が愛した古き良きカスタムスタイルのマットモーターサイクルズ

この記事の画像一覧を見る(10枚)

より個性を放つカスタムバイクは高価になりがちで、ちょっと手が届きにくい存在でもある。ゆえに街中を走るカスタムバイクは少ないとも言える。だがそんなマーケット事情をぶち壊す英国ブランド「MUTT Motorcycles(マットモーターサイクルズ)」が日本に上陸した。

新たに投入したのは5モデル。すべてが車検のない250ccクラスなので、日本国内の保安基準を満たせば自由にカスタムを楽しめるバイクだ。パンクロック発祥の英国からの輸入品だけに、そのカスタマイズはロンドンの不良が愛した古き良きカフェレーサーを気取るヤバそうなスタイルとなっている。

ホンダの“超好調”な新型SUV、新・レクサスは「セクシーだけどカジュアル」ほか【SUVの人気記事ランキング】(2024年5月版)

手の届きやすいMUTTのカスタムバイク

手の届きやすいMUTTのカスタムバイクMUTTの創設者は、これまでに数多くのビンテージカスタムバイクを手がけてきた。古くは1920年代のインディアン モトサイクルやハーレーダビッドソンなどのビンテージバイクをベースとしてきた。しかしこれらのバイクは年々希少性も高まり、高騰に歯止めが効かない状態でもある。しかも古いバイクだけに、維持するにはメンテナンスに時間もお金もかけなくてはならない。とても気楽にライディングを楽しめるものではなくなっている。

MUTTのカスタマイズはロンドンの不良が愛した古き良きカフェレーサーを気取るヤバそうなスタイルそこで価格を可能な限り下げながらも、品質を保つことを念頭にカスタムベースとなる車両を変更。厳しくなる一方のヨーロッパの排ガス規制、ユーロ5をクリアするモデルを採用したMUTTのカスタムバイクが完成した。

バーミンガムで生まれ変わるクラシックなスタイル

バーミンガムで生まれ変わるクラシックなスタイルMUTTの拠点は現在、かつては工業都市として栄えた、バーミンガム・ディグベスにある。ニューヨークのSOHO地区と同じく、かつて栄えた都市が時代とともに衰退し、その廃墟に新しい芽が生まれるときは眩いばかりのクリエイティビティを備える。まさにバーミンガムのMUTTがそれだ。

この記事のタグ

この記事を書いた人

坂東 漠

パーツデザイナー坂東 漠

スタンドがないと倒れる。ライダーの支えがないと自立できない。ライダーがいてもときにコケるといった2輪車の特性に魅了され、自転車、e-Bike、モーターサイクルの部品を開発。多くの人は気づかないが、それがないと成り立たないといったパーツを手がけている。

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「プロが大注目するバイク」抜群の路面対応力&毎日乗りたい魅力満載!高速もワインディングも楽しめる“クロスオーバーバイク”3選

新型ミドルクラス輸入二輪を乗り比べ、マニア垂涎のヤマハ「XSR900 GP」ほか【バイクの人気記事ランキング】(2024年5月版)

スタイル◎のストリートバイク。英国生まれの新興ブランド「マットモーターサイクルズ」のクール&レトロなマシンが超カッコイイ!

【ホンダの“使える”レジャーバイク】人気の原付二種「ダックス125」に待望の大人なニューカラーが仲間入り!

【マニア垂涎の異色バイク】スポーティなネオレトロ好きにドハマり! 様々なシーンに映えるヤマハ「XSR900 GP」が発売

【バイクライター厳選】試乗会で乗り比べた注目の「新型ミドルクラス輸入二輪」おすすめの3台とは?『試乗レポート』

【最注目のメンズケアブランドを徹底解剖】七つのキーワードからMARO17の魅力を紐解く!

「ロマンあふれる腕時計」ザ・ニシオギの最新作は隕石と天然石で夜空の煌めきと神秘を表現した珠玉の一本

【入荷したら即完売を繰り返す】アタオのギミック財布「チェス」の新作もやっぱり買い!

今月のモノマックス特別付録

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ