MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

「気負わずにバイクライドを楽しめる」イージークルーザー“METEOR 350”に大注目!

執筆者:

カラーと装備が異なる3つのエディションが用意されている

この記事の画像一覧を見る(16枚)

バイクに乗る際、誰もが不安に感じてしまうのが転倒。そんな不安を少しでも軽くしてくれるのが足つきの良いバイクであり、昨今はそういった理由からバイク選びをする人も多い。今回紹介する英国で誕生した世界最古のモーターサイクルブランドとして知られているロイヤルエンフィールドの「METEOR 350」も足つきの良さに定評があり、バイク初心者からベテランまで幅広いライダーが楽しく、快適なクルージングを味わうことができるモデルとして注目されている。モダンクラシカルなスタイリングにリラックスしたポジション、そして心地良い走り。バイクに乗るなら、安心して楽しく乗りたいと考えるのは当然のこと。それをスマートに実現してくれるモデルとなっている。

「車、バイクや自転車も気軽に洗車」業界最軽量・最小クラスで文句なしのスペック!“ポケッタブル高圧洗浄機”の実力がすごい

安定感と快適な走りを支えるフレーム

安定した走りを支えるツインダウンチューブスプラインフレーム リラックスしたポジションも魅力このモデルにはツインダウンチューブスプラインフレームを採用。ワインディングでは安心感をライダーに与え、高速道路では安定感のある走りを実現、そして市街地では快適な操作を可能にする設計がおこなわれている。低めに設定されたシート高と重心、そして強度と剛性を兼ね備えたこのフレームによって、街乗りからロングライドまで幅広く快適な走りを実現している。

力強さとゆったり感の両方が味わえるエンジン

街中から高速ライドまで快適な走りを実現するエンジン 街乗りはもちろん、ロングツーリングも楽しめる程よいボリューム感とモダンクラシカルなスタイルのボディに349ccの空冷単気筒エンジンを搭載。カウンターバランサー内臓によって、ブランド特有の“ドスン”という重厚なエンジン音を維持しつつ、スムーズで快適な操作性を実現。またスロットルレスポンスも良く、発進時の安定性と直線でのスムーズな加速を味わうことができ、高速クルージングもストレスフリーとなっている。街中はもちろん、高速道路においても快適な走りを楽しむことが可能だ。

この記事のタグ

この記事を書いた人

安室淳一

ライター安室淳一

クルマ、バイク、自転車専門誌の編集を経てフリーランスに。現在は乗り物とそれに関連するギアやファッション、遊び方等を中心に、雑誌、WEB、カタログ、広告等で編集・執筆活動中。

執筆記事一覧


Instagram:@freerider1226

Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「車、バイクや自転車も気軽に洗車」業界最軽量・最小クラスで文句なしのスペック!“ポケッタブル高圧洗浄機”の実力がすごい

「今最もアツいバイクメーカー」トライアンフの大注目モデル“スピード400&スクランブラー400X”を乗り物ライターが体験レポート

プロ大注目の“魅力満載”クロスオーバーバイク、今一番乗りたいホンダ、スズキ、ヤマハ……の一台とは?ほか【バイクの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「箱型に変形する話題の電動バイク」デスク下にも収納可!? トランスフォームするスゴい“タタメルバイク”を乗り物ライターが体験レポート

「クールすぎるヤマハの新型バイク」夜に映えるスポーツネイキッド“MT−25&MT−03”2024年モデルがかっこいい!

「次来る乗り物はバギー!?」シンプル操作と走破性の高さが自慢!楽しすぎる“キムコのバギー”を乗り物ライターが体験してみた

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!