MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

8月号通常号

8月号通常号

2024年7月9日(火)発売
特別価格:1290円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【バイクのヘルメット使用レポ】台湾発!ワイルド&スマートな最新型の軽さ、デザイン、ディテール…その実力は?

執筆者:

コンパクトな帽体なので、全体的なバランスも良い。

この記事の画像一覧を見る(21枚)

バイクに乗るために必要なものとして、またライダー(自分)を表現するアイテムのひとつとして、欠かせないのがヘルメット。近年、国内外のブランドもかなり増え、ヘルメット選びで頭を悩ませる人も結構多い。選ぶ際、デザインをはじめ、安全性やバイクとのマッチング、そして価格等、要素は色々とあるも、理想をすべて満たすものはほぼなく、そのどれかにポイントを置いて選ぶのが一般的となっている。

安全第一が基本ではあるものの、やはりヘルメット自体、サイズ的に大きかったり、重かったりしてどうしても諸々のバランスが良いとは言い難い。安全性も大事だが、同じくらい見た目も大事だというライダーに紹介したいヘルメットがある。それが台湾発のヘルメットブランド「ブレイドライダー」のヘルメット。コンパクトな帽体にネオクラシックな雰囲気、そして幅広いバイクにフィットするシンプルデザインがポイント。さらにちょっとした個性もプラスすることが可能なアイテムとなっている。今回はその被り心地や性能を体感すべく、実際にバイクライドに使用してみた!

「今最もアツいバイクメーカー」トライアンフの大注目モデル“スピード400&スクランブラー400X”を乗り物ライターが体験レポート

SNSで若者ライダーを中心に広まったヘルメット

SNSによって徐々に人気が高まってきた台湾発のブレイドライダー「ブレイドライダー」は2016年に設立された新興ヘルメットブランドで、“映える”写真をSNSで発信するという方法でジワジワと若いストリートライダーたちの心を掴み、台湾国内で人気に。その後、アメリカやヨーロッパでも展開、そして昨年から本格的に日本国内にも登場し、今年の春に開催された東京モーターサイクルショーでも注目を浴びていた。

国内では今回紹介する「BRT-003」という1モデルの展開だが、今後徐々にラインナップも増えていくようで期待したい。ちなみに本国では、ジェットタイプやデザインが異なるフルフェイスも発売されていて、サングラスやバッグ、Tシャツといった小物アイテムも展開している。

デザイン、軽量、コンパクトが大きな魅力となる

持つと分かる驚きの軽さ 軽量なので首も動かしやすく、負担も少ない。帽体(シェル)に用いられている素材はFRP。安価に出回っているモデルの多くは樹脂やABSを使用しているが、FRPを採用することで、コンパクトでありながらも強度をしっかりと備えたものとなっている。また実際に手にすると分かるのがその軽さ。重量は約1kgと、ヘルメットを使用している人であれば、その軽さに驚くはず。軽さは首への負担も減らし、同時に疲労も軽減してくれる。疲労が少ないということは集中力も持続し、そして安全性にもつながる。特に首の細い女性や細身の男性ライダーには恩恵をもたらしてくれる。

そして、帽体のコンパクトさも魅力で、ヘルメットを被った際に、“頭でっかち”状態が和らぎ、バイクに乗っているときはもちろん、降りた際にもバランスが良く、全体的にスマートに見せてくれる。見た目にもこだわるライダーであれば、ガラス等に映った自分の姿を確認せずにはいられないかもしれない。

この記事のタグ

この記事を書いた人

安室淳一

ライター安室淳一

クルマ、バイク、自転車専門誌の編集を経てフリーランスに。現在は乗り物とそれに関連するギアやファッション、遊び方等を中心に、雑誌、WEB、カタログ、広告等で編集・執筆活動中。

執筆記事一覧


Instagram:@freerider1226

Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「今最もアツいバイクメーカー」トライアンフの大注目モデル“スピード400&スクランブラー400X”を乗り物ライターが体験レポート

プロ大注目の“魅力満載”クロスオーバーバイク、今一番乗りたいホンダ、スズキ、ヤマハ……の一台とは?ほか【バイクの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「箱型に変形する話題の電動バイク」デスク下にも収納可!? トランスフォームするスゴい“タタメルバイク”を乗り物ライターが体験レポート

「クールすぎるヤマハの新型バイク」夜に映えるスポーツネイキッド“MT−25&MT−03”2024年モデルがかっこいい!

「次来る乗り物はバギー!?」シンプル操作と走破性の高さが自慢!楽しすぎる“キムコのバギー”を乗り物ライターが体験してみた

「気軽に乗れる人気のファンバイク」ホンダ“モンキー125”に新色仲間入り、今年のカラーリングはシンプル&スタイリッシュ!

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!