MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【レトロモダンな特別仕様車】マツダの新しい方向性を示す“レトロスポーツエディション”を「CX-5」「CX-30」「マツダ3」に設定

執筆者:

「CX-5」「CX-30」「MAZDA3」に追加された特別仕様車「レトロスポーツエディション」

この記事の画像一覧を見る(9枚)

マツダ CX-5、CX-30の一部改良とともに登場した特別仕様車「レトロスポーツエディション(Retro Sports Edition)」がマツダの新しい魅力となるのではと注目を集めている。実はCX-5、CX-30と同時に、マツダ3にもこの特別仕様車「レトロスポーツエディション」は設定されている。マツダは「2030年に向けて『ひと中心』の思想のもと、人々の日常や移動することの感動体験を創造し、誰もが活き活きと暮らす『愉しさ』と『生きる歓び』を届けていくことを目指す」としているが、この特別仕様車「レトロスポーツエディション」はどういうモデルなのだろうか。

「使い方無限大」車中泊が気軽に楽しめる移動基地、3大人気ブランドの“業界最高峰”シューズ ほか【アウトドアの人気記事ランキング】(2024年6月版)

レトロモダンの世界観をテーマにした新しい仕様を提案

「レトロスポーツエディション」は、レトロモダンの世界観をテーマにスポーティさを融合した特別仕様車。

CX-5 レトロスポーツエディションエクステリアは、ジルコンサンドメタリックをイメージカラーとしてドアミラーやホイール、シグネチャーウイングをブラックで統一。インテリアは、レトロな雰囲気を醸し出すテラコッタカラーとスポーティーさを際立たせるブラックを組み合わせたコーディネーションとし、各所にテラコッタカラーのステッチを施すとともに、スウェード調生地のレガーヌをシート中心部に使用した、2トーンのシート(合成皮革)を採用した。

スウェード調生地のレガーヌをシート中心部に使用した2トーンのシートを採用

各所にテラコッタカラーのステッチが施される現在のラインナップではブラックを基調としたスポーティグレードが人気となっているが、その人気動向をふまえながら、新たな選択肢、マツダの新しい個性として提案する。

上質な仕立てのほか、充実した装備と特別な価格も魅力

■マツダ CX-5 特別仕様 レトロスポーツエディション ラインナップ

20Sレトロスポーツエディション ¥3,426,500
20Sレトロスポーツエディション(4WD) ¥3,657,500
XDレトロスポーツエディション ¥3,745,500
XDレトロスポーツエディション(4WD) ¥3,976,500

CX-5 レトロスポーツエディションは特別装備として、フロント&リアバンパーガーニッシュ、クラッディング塗装、ボディロアガーニッシュ、ピラーガーニッシ(ピアノブラック)、サテンクロームメッキ加飾(パワーウィンドウ/ドアミラーコントロールスイッチ)、7インチマルチスピードメーター(TFTカラー)、オーバーヘッドコンソールLEDダウンライト、運転席/助手席バニティミラーLED照明を追加装備する。

■マツダ CX-30 特別仕様 レトロスポーツエディション ラインナップ

20Sレトロスポーツエディション ¥3,166,900
20Sレトロスポーツエディション(4WD) ¥3,403,400
XDレトロスポーツエディション ¥3,441,900
XDレトロスポーツエディション(4WD) ¥3,678,400

CX-30 レトロスポーツエディション一方、CX-30 レトロスポーツエディションは特別装備として、インパネデコレーションパネル、インテリア加飾(ガンメタリック)、ドライビングポジションサポートパッケージ、フレームレス自動防眩ルームミラー、LEDマップランプ、BOSEサウンドシステム(AUDIOPILOT2+Centerpoint2)+12スピーカーを採用するのが特徴となる。

CX-30 レトロスポーツエディション インテリア

■マツダ3 特別仕様 レトロスポーツエディション ラインナップ

●ファストバック
15Sレトロスポーツエディション ¥2,850,100
20Sレトロスポーツエディション ¥2,984,300
20Sレトロスポーツエディション(4WD) ¥3,220,800
XDレトロスポーツエディション ¥3,259,300
XDレトロスポーツエディション(4WD) ¥3,495,800
Xレトロスポーツエディション(4WD) ¥3,902,800

●セダン
20Sレトロスポーツエディション(4WD) ¥2,984,300
XDレトロスポーツエディション ¥3,259,300

マツダ3ファストバック レトロスポーツエディションマツダ3 レトロスポーツエディションの特別装備はCX-30と共通部分が多いが、インパネデコレーションパネル、インテリア加飾(ガンメタリック)、ドライビングポジションサポートパッケージ、フレームレス自動防眩ルームミラー、LEDマップランプ、BOSEサウンドシステム(AUDIOPILOT2+Centerpoint2)+12スピーカーを装備するほか、マツダ3ファストバック 15S レトロスポーツエディションでは、前側方接近車両検知、クルージング&トラフィックサポート、交通標識認識システム、アダプティブLEDヘッドライト、バーグラアラームシステムなども追加される。

マツダ3セダン レトロスポーツエディション

マツダ3 レトロスポーツエディション インテリア

文/近藤暁史 写真/マツダ

この記事の画像一覧
  • 「CX-5」「CX-30」「MAZDA3」に追加された特別仕様車「レトロスポーツエディション」
  • CX-5 レトロスポーツエディション
  • スウェード調生地のレガーヌをシート中心部に使用した2トーンのシートを採用
  • 各所にテラコッタカラーのステッチが施される
  • CX-30 レトロスポーツエディション
  • CX-30 レトロスポーツエディション インテリア
  • マツダ3セダン レトロスポーツエディション
  • マツダ3ファストバック レトロスポーツエディション
  • マツダ3 レトロスポーツエディション インテリア

この記事の画像一覧を見る(9枚)

この記事のタグ

この記事を書いた人

近藤暁史

ライター近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「使い方無限大」車中泊が気軽に楽しめる移動基地、3大人気ブランドの“業界最高峰”シューズ ほか【アウトドアの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「跳ね馬のDNAを完璧に体現」フェラーリ新型車、レクサスの“遊べる注目車”徹底解説 ほか【クルマの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「最新世代のガソリンエンジン採用」電動化、運転支援、デジタル化の領域でさらに進化!フォルクスワーゲン“ゴルフ”8.5世代に注目必至

「9月の注文開始に向けて先行公開」フォルクスワーゲン パサートが激進化、ボディタイプはヴァリアントに一本化

「220台が日本上陸」史上最もタフで、最も走破性が高く、最もラグジュアリーな究極のディフェンダー“オクタ(OCTA)”がワールドデビュー!

「この出っ張り、いったい何?」ドアミラーの付け根…ほか “トヨタ車にほぼ付いている”小さな突起の効果を自動車ライターが解説

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!