MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【正式発表前に注目度急上昇】スバルの新型SUV「レヴォーグ レイバック」のコンセプトは“寛げるSUV”

執筆者:

スバルが「レヴォーグ レイバック」のプロトタイプを公開

この記事の画像一覧を見る(4枚)

スバルはレヴォーグをベースとした新型SUV「レヴォーグ レイバック」のプロトタイプを公開。今秋の正式発表を前に先行予約を開始し、話題となっている。「レイバック=LAYBACK」とは「laid back=くつろぐ」を語源とした造語で、スポーツツアラーのレヴォーグが持つ「スポーティ」「先進安全」「ワゴンの価値」を継承しつつ、荒野を走るSUVの逞しさに加え、ゆったりとした「豊かな時間」「自在性」「上質さ」を大切にしたモデルを目指したという。

アウトバックやクロストレックとはまた異なる個性の都市型SUVとして、大きな注目を集めそうだ。まだ公式に車両価格などは発表されていないが、すでに先行予約を開始しプレカタログも作成されているというから、正式発表されたと考えてもいいくらいだ。

「世界が再注目するFCEV」長い航続距離&水素充填時間の短さが話題に! ホンダ“CR-V e:FCEV”がついに日本で販売開始

インテリアは華やかなアッシュカラーとブラックの2トーン

スバル レヴォーグは日本市場向けに開発されたスポーツワゴン。初代は2014年に発売され、現行型は2020年にフルモデルチェンジされた2代目となる。脈々と受け継がれる「より遠くまで、より早く、より快適に、より安全に」というスバルのグランドツーリングのDNAを継承。国産車では貴重なワゴンモデルの1台となっている。

レヴォーグをベースに最低地上高200mmを確保

フェンダーアーチやクラッディングを追加し、SUVらしい力強さを表現今回ティザー画像が公開された「レヴォーグ レイバック」は、そのレヴォーグをベースに、最低地上高200mm確保することでSUVならではの悪路走破性を実現。エクステリアもフロントグリルにガーニッシュを加え、フェンダーアーチやボディ下部にクラッディング(樹脂パーツ)を追加するなど、SUVらしい力強さが感じられるものとなっている。

インテリアはアッシュカラーとブラックの2トーンただその一方で、インテリアは明るく華やかな雰囲気を演出したアッシュカラーとブラックの2トーンとして、高い静粛性が特徴のオールシーズンタイヤ、ハーマンカードン サウンドシステムを装備して、「laid back=くつろぐ」の空間を実現しているという。

パワートレーンなどは未発表だが、エンジンは1.8Lと2.4Lの水平対向4気筒DOHCターボ、トランスミッションはリニアトロニックCVT、駆動方式はフルタイム4WDという組み合わせが予想される。

レイバック発表と同時に、レヴォーグ、WRX S4も一部改良

この「レヴォーグ レイバック」の正式発表と同時に、レヴォーグ、WRX S4の一部改良も予定されており、その改良点はもちろん「レヴォーグ レイバック」に反映される。

その進化のポイントは、広角単眼カメラを搭載した新世代アイサイト、フロンビュー自動表示を採用したマルチビューモニターの標準装備や、コネクティッドサービス「SUBARU STARLINK」の機能強化などがあげられている。

今回画像が公開された「レヴォーグ レイバック」はプロトタイプとされているが、すでに先行予約を開始していることから、ほぼこのまま正式発表となることだろう。

文/近藤暁史 写真/SUBARU

この記事の画像一覧
  • スバルが「レヴォーグ レイバック」のプロトタイプを公開
  • レヴォーグをベースに最低地上高200mmを確保
  • フェンダーアーチやクラッディングを追加し、SUVらしい力強さを表現
  • インテリアはアッシュカラーとブラックの2トーン

この記事の画像一覧を見る(4枚)

この記事のタグ

この記事を書いた人

近藤暁史

ライター近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「世界が再注目するFCEV」長い航続距離&水素充填時間の短さが話題に! ホンダ“CR-V e:FCEV”がついに日本で販売開始

「使い方無限大」車中泊が気軽に楽しめる移動基地、3大人気ブランドの“業界最高峰”シューズ ほか【アウトドアの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「跳ね馬のDNAを完璧に体現」フェラーリ新型車、レクサスの“遊べる注目車”徹底解説 ほか【クルマの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「最新世代のガソリンエンジン採用」電動化、運転支援、デジタル化の領域でさらに進化!フォルクスワーゲン“ゴルフ”8.5世代に注目必至

「9月の注文開始に向けて先行公開」フォルクスワーゲン パサートが激進化、ボディタイプはヴァリアントに一本化

「220台が日本上陸」史上最もタフで、最も走破性が高く、最もラグジュアリーな究極のディフェンダー“オクタ(OCTA)”がワールドデビュー!

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!