MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【コンビニとタバコの謎】なぜお店によって銘柄番号が違うの? タバコ屋の隣のコンビニではタバコを販売できない理由とは?

執筆者:

コンビニのタバコ販売

この記事の画像一覧を見る(4枚)

タバコを購入する時に「なぜ同じ銘柄なのにコンビニによって番号が違うんだ? 共通の番号ならサッとレジで言えるのに」と思ったことがある方は多いはず。しかしコンビニのタバコ販売には法律や自主規準が関係しており、コンビニの店員が勝手に変えてはいけないことがたくさんあります。今回はそんな「コンビニとタバコの謎」について解説します。

喫煙者の80%はコンビニでタバコを購入するというデータも

コンビニのタバコ販売たばこの販売は、基本的に「たばこ事業法」(法律)と日本たばこ協会による「自主規準」で制限やルールが整理されています。主には未成年の喫煙防止を軸に様々な販売方法の規準が定められ、たばこメーカーや販売店は遵守しています。

近年、町のたばこ屋さんも見かけなくなりましたし、たばこ自販機で使用する「タスポ」も2026年にサービス終了することが決まっています。そんな中、喫煙者の80%以上はたばこをコンビニで購入するようになりました。

そこでコンビニ側も取り扱うタバコの銘柄を増やし、現在では約230種類が常時揃っていると言われています。たばこメーカーも販売促進費の多くをコンビニに費やすように。その結果、「230もの種類の中からどれだけ自社の銘柄が目立ち、お客様に認知されるか」が重要となってきます。多くのタバコメーカーはコンビニ店頭での販促プロモーションに対する投資を増やし、たばこ什器の上の看板やレジ前の販促物設置などに力を入れるようになりました。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【完売必至】可愛すぎて食べられないかも…「ねこの日」が盛り上がる!ファミマの“にゃ~”な推しスイーツ5品を体験

【爆売れの予感】プロの味を再現できる充電式、急須で淹れる!? ほか “コーヒー好きを唸らせる”最新ツール3選

【ファミチキ史上初】チキンの中に「タルタルソース」が入った!? 最新作はうまいのか……実食レポート

「絶対にウマいカップ麺」完成度がすごい冬の新作、超話題のペヤング ほか【インスタント麺マニアの人気記事 月間ベスト3】(2024年1月)

セブン-イレブンの感動級スイーツ、ローソンで揃う「激ウマせんべろセット」ほか【コンビニグルメの人気記事 月間ベスト3】(2024年1月)

【コンビニの“恵方巻”食べ比べ】定番から変わりダネまで!元コンビニ店長が選ぶ「一番おいしかった恵方巻」は?

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!