MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【新定番の予感】L.L.Bean「ビーン・ブーツ」にサイドゴア!? アウトドアブーツの代名詞がさらに愛せる一足に

執筆者:

サイドゴアだから履きやすい!

この記事の画像一覧を見る(7枚)

皆さん、今年の秋冬ブーツはもう決まりましたか。何かと足元が悪くなる冬季には、デザインはもちろんのこと機能性も必要ですよね。そして、脱ぎ履きのしやすさも見逃せないポイントではないでしょうか。

今回ご紹介したいのが、こうした魅力がギュッと詰まったサイドゴア付きの「エル・エル・ビーン・ブーツ・6.5・チェルシー」です。なんと、ブーツなのにとにかく脱ぎ履きがラクなんです。長く愛用したくなるその秘密とは!?

「使い方無限大」車中泊が気軽に楽しめる移動基地、3大人気ブランドの“業界最高峰”シューズ ほか【アウトドアの人気記事ランキング】(2024年6月版)

アウトドアの大定番ブーツにサイドゴアが付きました!着脱がカンタンでもっと愛せます!

エル・エル・ビーン
エル・エル・ビーン・ブーツ・6.5・チェルシー ¥27,500

エル・エル・ビーン/エル・エル・ビーン・ブーツ・6.5・チェルシー
¥27,500
問い合わせ先:L.L.Beanカスタマーサービスセンター TEL:0422-79-9131

1912年に生まれた伝統のビーン・ブーツにサイドゴアのチェルシー・スタイルを採用し、着脱が容易になった一足。トレードマークのトリプル・ステッチや、ゴム製ボトムはそのまま。

シャツ¥12,100、Tシャツ¥5,390、パンツ¥9,240/すべてエル・エル・ビーン新作展示会にお邪魔して、この一足を見たときはものすごい衝撃が走りました! 「ああビーン・ブーツか、アウトドアブーツの大定番だし、やっぱいいよね」と思ったのも束の間、アッパーに見慣れないサイドゴアを発見したのですから……!

エル・エル・ビーンでは「チェルシー・スタイル」と呼ばれ、一部のモデルでのみ採用されていたこのスタイルを融合。ビーン・ブーツが誇る悪路走破性や防水性、さらにはクラシックで味わい深いテイストはそのままに、サイドゴアならではの脱ぎ履きのしやすさを手に入れたんです。

屋外でがっつり活動しているときはいいんですけど、テントの内と外とを何度も行き来するようなときは、このサイドゴアがすごく活躍してくれそう。ゴム周りのステッチワークや前後に配置されたプルループも雰囲気に合っていて、カッコいいんですよね。シンプルさを求める今どきのスタイルにもピッタリで、新たな定番になりそうな予感がしています!

この記事のタグ

この記事を書いた人

横山博之

ライター横山博之

カバン、時計、ファッションなど男性のライフスタイルを彩るモノを領域とするライター。デザイナーや職人などモノづくりに関わるキーパーソンへのインタビュー経験も豊富。時代の先端を行く技術やカルチャーにも目を向ける。

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「使い方無限大」車中泊が気軽に楽しめる移動基地、3大人気ブランドの“業界最高峰”シューズ ほか【アウトドアの人気記事ランキング】(2024年6月版)

無敵すぎ……ザ・ノース・フェイス“今夏の主役級”、モチモチ弾力性ソールがたまらない!ほか【サンダルの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「酷暑を乗り切るすごいTシャツ」モンベルの高機能な優秀作が“ビーミング by ビームス別注”でタウンユースでもオシャレな仕様に!

無印良品の“疲れにくいローファー”、編集長のお墨付き「期待値を超えるアウトドアシューズ」ほか【高機能シューズの人気記事ランキング】(2024年6月版)

ワークマンの「完売必至」神コスパTシャツ、ローソンでしか買えない“待望の無印良品” ほか【ファッションの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「今しか手に入らない優秀ウェア」マーモットの旧ロゴを使用した“ちょいレトロ感がいい”注目の別注アウトドアウェア

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!