MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

8月号通常号

8月号通常号

2024年7月9日(火)発売
特別価格:1290円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【人気のベンツGLAが着実に進化】最新世代の装備とデザインに!100台限定の「ナイトエディション」もデビュー

執筆者:

メルセデス・ベンツ日本から都市型SUVの「GLA」の熟成進化型が登場

この記事の画像一覧を見る(13枚)

メルセデス・ベンツ日本から都市型SUVの「GLA」の熟成進化型が登場した。初代GLAは2014年にデビュー、コンパクトなボディにメルセデス・ベンツのSUV技術を盛り込み、都市での日常生活にも適したスタイリッシュでオールラウンドなコンパクトSUVとして世界でも日本でも大成功を収め、2020年に登場した現行2代目はSUV色を強めた本格派としても高い評価を受けている。

今回発表されたその最新バージョンはメルセデス・ベンツらしい誠実なアップデートが施されたモデルとなっている。なお、この改良型の登場と同時に、限定車「GLA 200 d 4マティック ナイトエディション」(100台限定)を設定し、オンラインショールームで10月31日まで先行販売を開始した。11月1日以降は、販売可能な車両がある場合は全国のメルセデス・ベンツ正規ディーラーでも受け付ける。

「ヒット理由は間違いない安心感」日産サクラが国内EV市場で首位をキープほか “売れてるクルマ・バイク”を乗り物ライターが徹底解説【2024年上半期ヒットモノ大賞】

メルセデス・ベンツの最新世代の装備とデザインにアップデート

標準モデルにはルーバーデザインのグリルを採用今回のマイナーチェンジでは、フロントまわりを中心にエクステリアデザインを刷新。標準モデルには他のメルセデス・ベンツ製SUVにも通じるルーバーデザインのグリルを採用、あわせてバンパーやヘッドライトのデザインも変更されている。

フロントまわりを中心にエクステリアデザインを刷新

AMGラインパッケージではロワグリルなどの開口部を強調した力強いデザインまた、オプションの「AMGラインパッケージ」では、フロントグリルがクローム仕上げのダイヤモンドパターンをちりばめたシングルルーバーとなり、それにあわせてバンパーもロワグリルなどの開口部を強調した力強いデザインが採用された。

リアまわりではディフューザーやLEDリアコンビネーションランプのデザインを変更リアまわりではディフューザーやLEDリアコンビネーションランプのデザインを変更し、アルミホイールは標準モデルに18インチ、AMGラインパッケージでは20インチの新デザインのものを装着。ボディカラーの設定も見直して、新たに「スペクトラルブルー」と「ローズゴールド」の2色を採用した。

インテリアでは、ナビシステムを最新世代のものにアップデートするなど快適装備・安全装備を強化一方インテリアでは、ナビゲーションシステムをSクラスなどに採用している最新世代のものにアップデートしたほか、アダプティブハイビームアシストの標準装備など、快適装備・安全装備の設定も強化している。

具体的には、ステアリングホイールをメルセデス・ベンツの最新世代のデザインに変更。操作インターフェイスでは、新世代の対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を標準装備。また、センターコンソールに設置していたタッチパッドを廃止。コンソールまわりをよりスッキリとしたデザインに変更している。

100%リサイクルから得られた原料を使用したシートを採用今回の改良では、100%リサイクルから得られた原料を使用したシートを採用することや、「AMGラインパッケージ」にアダプティブダンピングシステムの可変ダンパーを設定したこともニュースだろう。

メルセデス・ベンツGLA
GLA180 ¥5,990,000
GLA200d 4マティック ¥6,550,000

この記事のタグ

この記事を書いた人

近藤暁史

ライター近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「ヒット理由は間違いない安心感」日産サクラが国内EV市場で首位をキープほか “売れてるクルマ・バイク”を乗り物ライターが徹底解説【2024年上半期ヒットモノ大賞】

「車、バイクや自転車も気軽に洗車」業界最軽量・最小クラスで文句なしのスペック!“ポケッタブル高圧洗浄機”の実力がすごい

「世界が再注目するFCEV」長い航続距離&水素充填時間の短さが話題に! ホンダ“CR-V e:FCEV”がついに日本で販売開始

「使い方無限大」車中泊が気軽に楽しめる移動基地、3大人気ブランドの“業界最高峰”シューズ ほか【アウトドアの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「跳ね馬のDNAを完璧に体現」フェラーリ新型車、レクサスの“遊べる注目車”徹底解説 ほか【クルマの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「最新世代のガソリンエンジン採用」電動化、運転支援、デジタル化の領域でさらに進化!フォルクスワーゲン“ゴルフ”8.5世代に注目必至

「北陸新幹線で行こう!」大人の夏は学べる旅がいい!北陸の旅で日本の伝統に触れる。

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!