MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

5月号通常号

5月号通常号

2024年4月9日(火)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【美しきカフェレーサー】ロイヤルエンフィールド「コンチネンタルGT650」がアップデートされて登場

執筆者:

スマートに街乗りやツーリングを楽しむバイクとして最適な一台。

この記事の画像一覧を見る(19枚)

国内において様々な外国モデルを安心して購入することができるようになってきてはいるものの、まだまだ普通二輪免許で乗ることができる外国車両は数少ない。だが国産モデルにはないデザインや乗り心地を求める人は多く、そんなニーズにマッチし、近年その勢いを増している海外メーカーがある。それが「ロイヤルエンフィールド 」である。特に350ccファミリーは、ネオクラシカルなスタイルに扱いやすくも力強い走りを発揮するエンジン、そして他の外国モデルと比べてリーズナブルな価格帯にも後押しされ、現在、老若男女幅広い層から支持されている。

精悍な印象のニューバリエーション「ダーク」が追加!

エンジンやマフラー、ホイール等ブラックアウトされたボディが特徴の「ダーク」アペックスグレーそして今回紹介するのは、そんなロイヤルエンフィールドが展開する350ccファミリーのひとつ上のクラスとなる650ccファミリーの「コンチネンタルGT650」。650ccファミリーの中でも伝統を感じさせるモデルであり、その佇まいに惹かれる人も多い。新たな車両は快適性に磨きがかけられ、スマートな走りと画になるスタリイング、そんな一台を望む人にはきっとマッチするモデルとなっている。

ブラックアウトされたボディによってより精悍な印象となる「ダーク」スリップストリームブルーエンジンとエキゾーストパーツ、そして鋳造アロイホイールにチューブレスタイヤとボディ全体をブラックで統一されたモデルは、レトロスタイルのカフェレーサーをブラッシュアップ、繊細かつスタイリッシュな車両へと仕上げられている。ブラックアウトされたパーツがフレームとシームレスに融合し、タンクの存在感も高め、周囲の目を惹きつける。クールなイメージを求めるライダーには最適なバリエーションとなっている。カラーリングは、スタイリッシュなアペックス・グレーとスポーティなスリップストリーム・ブルーの2色が用意されている。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

普通二輪免許で味わえるホンダの最高峰バイク、SHOEIの注目必至ヘルメット ほか【バイクの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【刺激的な走りを思いのままに】ヤマハのロードスポーツモデル「MT-09」がデザイン、操縦性、先進性で更に進化!

【SHOEIの優秀ヘルメット】備えあれば憂いなし!ツーリングにもってこいの新型「GT-Air3」に注目必至

【人気スクーターを体験】ベスパ「GTS150クラシック」の乗り心地は?ショートツーリングに出かけてみた

【世界が注目するスズキのバイク】非日常感を手軽に味わえる「GSX-S1000GX」「GSX-8R」がついに発売開始!

バイク大賞に輝いた“憧れ”の一台、大人の風格漂うホンダの1100cc ほか【バイクの人気記事 月間ベスト3】(2024年2月)

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

【手ぶら派の味方】便利でタフでチルできる!グラミチの「最新ボトム」コレクション3選

今月のモノマックス特別付録

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!