MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【ホンダの好調SUV】ひとクラス上の車格感と走りで人気の「ZR-V」に特別仕様車が登場!主力モデルになる可能性も!?

執筆者:

ZR-Vに特別仕様車「BLACK STYLE」が登場

この記事の画像一覧を見る(8枚)

ホンダは販売好調のSUV「ZR-V」に特別仕様車「BLACK STYLE(ブラックスタイル)」を設定し、2024年夏に発売すると発表した。販売開始に先立ち、ホンダはホームページでこの特別仕様車の情報を公開し、全国のHonda Carsで受注を開始した。特別仕様車としては異例の販売方法が話題となっているが、この「ブラックスタイル」はどんなモデルなのだろうか。ホンダはこのモデルにどんな期待を込めているのだろうか。

ひとクラス上の車格感と走りを実現してたちまち人気モデルに

2022年11月に登場したホンダ「ZR-V」は、「ヴェゼル」と「CR-V」の間に位置するコンパクトSUV。2022年4月に北米仕様が世界初公開され、日本でも2022年5月に情報の先行公開を開始。2022年9月に先行予約受付を開始したが、サプライチェーンの混乱もあって、2023年4月にようやく発売を開始した。

開発コンセプトは「異彩解放」で、SUVのコア価値である高い実用性や信頼感に加え、「異彩を放つ存在感あるデザイン」と「爽快かつ軽快な走り」を追求して登場。「シビック」をベースとしたプラットフォームの採用により、「ヴェゼル」よりもひとクラス上の車格感と走りを実現し、たちまち人気モデルとなった。

パワーユニットは、2L直4直噴エンジンに2モーター内蔵電気式CVTを組み合わせたハイブリッドシステム「e:HEV」と、1.5L直4直噴ターボエンジンの「ガソリンモデル」の2種類を設定。いずれも現行型シビックゆずりのユニットだが、「ZR-V」への搭載に合わせてファイナルのギア比を変更するなど、セッティングを煮詰めて搭載されている。なお駆動方式は、どちらのパワーユニットにもFFとリアルタイム4WDを用意している。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【トヨタのコンパクトHEV】一部改良のアクアに上質な特別仕様車「Z“ラフィネ(Raffine)”」が登場!

【ワイルドなクラウン!?】こうでなくちゃ!クラウン クロスオーバーに特別仕様車「 RS “ランドスケープ”」が登場

普通二輪免許で味わえるホンダの最高峰バイク、SHOEIの注目必至ヘルメット ほか【バイクの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

プロが解説「対向車のハイビーム」急増中の理由、ホンダのSUV「ヴェゼル」が上質モデルに移行!? ほか【クルマの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【お値段以上の作戦がすごい】スズキ新型「スイフト」は衝撃の“ノー”ストロングハイブリッド!自動車ジャーナリストが徹底解説『小沢コージの遊べるクルマ』

【限定200台のコンパクトSUV】自由な非日常を楽しもう!ジープ コンパスに限定車「ブラック シャーク」が登場

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

【手ぶら派の味方】便利でタフでチルできる!グラミチの「最新ボトム」コレクション3選

今月のモノマックス特別付録

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!