MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【日帰りキャンプでテレワーク!?】初心者でも気軽に始められる「あると便利」なアイテム3選

執筆者:

気軽に楽しめる“日帰りオートキャンプ”

この記事の画像一覧を見る(5枚)

コロナ禍以降、利用者間の距離が保てたり、風通しがいいことでキャンプが流行していますが「キャンプに行ってみたいけど道具を揃えるのが大変……」と悩んでいる人も多いかと思います。そんな人におすすめしたいのが、日帰りで気軽に楽しめる“日帰りオートキャンプ”です。

「ワークマンの神ギア」入荷⇒即完売を繰り返す爆売れモノの実力は?冷たさがずっと続く“真空ハイブリッドコンテナ”をエディターが体験レポート

日帰りオートキャンプで便利な3つのアイテム

日帰りオートキャンプで便利な3つのアイテム。①ポータブル電源、②クーラーボックス、③小型扇風機日帰りで楽しむデイキャンプの場合、最低限の持ち物だけで済むのでキャンプ初心者でも気軽にはじめやすいことがメリット。全国各地でキャンプ場とともに、車を横付けできる“オートキャンプ場”も増加。わざわざテントやタープを購入しなくても、キャンプ気分をカジュアルに楽しめるようになりました。

日帰りオートキャンプは“手ぶら”でも楽しめますが、用意しておくと便利なアイテムがあります。それは①ポータブル電源、②クーラーボックス、③折りたたみ式の座椅子やコードレスタイプの小型扇風機、ごろ寝に役立つ枕です。

1. ポータブル電源

1. ポータブル電源

パワーアーク S7 オリーブドラブ 716Wh ¥79,200(税込み)

5つのAC出力に加え、USB タイプ-C出力も配備。天面では置くだけ簡単なワイヤレス休息充電が可能。2色から選べるのでキャンプスタイルのカラーの統一もしやすい。

最近はAC電源設備のあるキャンプ場もありますが、ポータブル電源があれば、よりデイキャンプができる場所の選択肢が広がります。快適にリモートワークができたり、小型扇風機や電気毛布など小型の電化製品も使えます。日帰りであれば、それほど大きな電力は必要はなく、充電池容量は300~500Whで十分。一般的なスマホ(13W)なら約24回分、小型サーキュレーター(30W)なら約10時間ほど使える容量です。

ただ、車中泊なども予定しているのであれば、はじめから500~700Whほどの容量を検討したほうが、将来的にも役立つはずです。一方で、お湯を沸かす、となると、かなりの電力が必要になるので、お湯は自宅で高機能な保温ボトルにいれて持参するのがおすすめです。

この記事のタグ

この記事を書いた人

加藤智一

美容ジャーナリスト加藤智一

女性誌の美容エディターを経て独立。男性誌・女性誌・WEBの他、様々な媒体で執筆している。著書に『お洒落以前の身だしなみの常識』(講談社)などがある。現在、Yahoo ! ニュースのオーサーとしても活躍中。

執筆記事一覧


Twitter:@tomoichi

Instagram:@tomoichi2000

Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「ワークマンの神ギア」入荷⇒即完売を繰り返す爆売れモノの実力は?冷たさがずっと続く“真空ハイブリッドコンテナ”をエディターが体験レポート

「人気付録が大活躍」チャムスのポータブル扇風機を“暑夏のソト・ナカ・車内”で使ってみたら有能すぎた

「親子でドハマり確定」高性能な最新ラジコン、“超飛ぶ”外遊び道具 ほか【ホビーの人気記事ランキング】(2024年6月版)

“日常も非常時も超使える防災キャップ”“4刀流のマルチホイッスル”ほか 最新鋭のアウトドア・防災グッズ3選

マニアが薦める「即買い必須」旨辛カップ麺、ちょい足しで激うま“マルちゃん袋麺”アレンジ ほか【夏の即席麺の人気記事ランキング】(2024年6月版)

「ポケモンがキュートすぎる付録」かわいい顔して中身は優秀!大容量で撥水機能付きの保冷バッグ付録が超使える【smart8月・9月合併号発売中】

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!