MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

特集使用レポート

【最新Apple Watchの実力とは?】5年振りに買い替えた「アップルウォッチ シリーズ9」が楽しくて最高すぎる

執筆者:

アップルウォッチの進化を肌で感じられましたし、比較できたのも良かったです

この記事の画像一覧を見る(13枚)

カバン、財布、時計、ファッション、アウトドア、文具、家電、乗り物、グルメ・お酒など、あらゆるジャンルの中から、MonoMaxスタッフが気になるものを使って試して、その実力に迫っていく使用レポート!

今回は9月末に発売されたアップルウォッチ シリーズ9が主役。今までシリーズ4をずっと使ってきたので、進化したポイントや買い替えて良かった点を中心にレビューしていきたいと思います!

5年振りにアップルウォッチを買い替えた理由とは?

(左)Apple Watch シリーズ4 (右)Apple Watch シリーズ9そもそも今回なぜ買い替えたかというと、一番の理由はバッテリーにあります。シリーズ4の登場が2018年なので、5年近く使い続けてきたことになります。そりゃバッテリー切れも早くなりますよね(笑)。

充電が一日持たないこともあり、そろそろ替え時かなと思っていたところで、発売されたのがシリーズ9。すぐに購入し、2ヶ月ほど使ってみましたので、私なりにアップルウォッチ シリーズ9の魅力をお伝えしていこうと思います。

進化ポイント1 “明るさが大幅にアップ!”

暗所では1ニトまで輝度が下がるまず一番最初に思ったのが、画面が思った以上に明るくなっていました。明るさとはアップルウォッチの画面の明るさのことを指しており、いわゆる輝度です。シリーズ4では最大1000ニトだったのに対し、シリーズ9では最大2000ニトの輝度を誇ります。同じRetinaディスプレイを搭載していますが、輝度では倍の差が出ていることになりますね。

最大2000ニトの輝度を誇る手首を顔側に傾けることで、画面が明るくなっているのがわかりますか? これが非常に良くて、太陽光の下でもハッキリと時刻がわかるため視認性が高く、逆に映画館などの暗所では1ニトまで輝度が下がるので、日常的にも使いやすいです。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【新・一生モノ腕時計】プロが激推しする「永世定番モデル」とは?傑作時計ベスト2選を徹底解説!

【ドンキでバズり中】胃カメラみたいに耳の中を見ながら耳掃除…「イヤークリーナー」はある意味危険!? 実力をぶっちゃけレポート

【すごすぎる外付けSSD】容量1TBながら驚くほどに小さい!これさえあれば仕事もプライベートも超快適/編集長 奥家の『コレ買いです』Vol.44

【注目必至の限定ドレスウォッチ】ブランド創成期のデザインを再現した「クレドール」50周年記念モデルが登場

【オリエントスターの機械式時計】先進的なテクノロジーを駆使して開発された新モデル「M34 F8 デイト」がデビュー

日本が世界に誇る「グランドセイコー」の傑作、上品な超薄型ウォッチ ほか【国産時計の人気記事 月間ベスト3】(2024年1月)

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!