HUAWEIの「P9」と「MateBook」が選ばれる理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】Huawei

ITやガジェットに詳しい専門家から高く評価され、一般ユーザーからの注目度も高まっているスマホの世界市場シェア第3位を誇るHUAWEI。2016年を代表する名機となりそうな2モデル、「P9」と「MateBook」の魅力を再検証しよう。

 

その①

「ライカ独特の写真表現を手軽に楽しめるスマートフォン『P9』」

88071

ファーウェイ

HUAWEI P9

オープン価格

スマホがデジタルカメラの代わりとして使われるようになって久しい。だが、画質を重視するカメラ愛好家が満足できるスマホはなかったと思う。そこに登場したのが、このHUAWEI P9だ。ドイツの老舗カメラメーカー・ライカとの共同開発により、レンズや画像センサーはもちろん、色のチューニングまでに、ライカの技術とこだわりが盛り込まれている。

 最大の特徴は、ライカと共同開発のダブルレンズと、独立したカラーとモノクロのセンサーを搭載していること。

20823

色彩情報を捉えるRGBセンサーと、被写体のディテールや陰影の認識に秀でたモノクロセンサーを搭載。2つのセンサーの情報を融合し、シャープで鮮やかな描写を実現。これまでのスマホと一線を画する表現力だ。

 %e4%bd%9c%e4%be%8b

また、撮影後に編集できて一眼レフのような背景ボケも自由自在なのが面白い。

写真を撮影後に「ワイドアパーチャ」機能で、フォーカスや絞り値を変えて、ボケ効果を後から調整することができる。

普通に撮った写真を…

3

4

ワイドアパーチャ機能により後から好きな場所にピントを合わせられる!

そのほか、モノクロ撮影や、一部分のみ色を残すなど、多彩な画像編集も楽しめる

6

往年のライカが好きな人はもちろん、これまでライカを使ったことがない人でも、手軽にその奥深い世界観を堪能できること請け合いだ。

 高性能CPUを搭載し、指紋センサーも備えるなど、スマホ本来の性能もトップクラス。SIMフリーなので、経済的な格安SIMで使えることも魅力。インスタグラマーにも最適なスマホだ。

 

その②

「世界第3位のスマホメーカーが作った『MateBook』」

hertz_main_02_s

HUAWEI

MateBook

オープン価格(キーボード別売)

 スマホやタブレットでほとんどのことができるようになった昨今、重くて起動が遅いパソコンを敬遠する人は少なくない。だが、ビジネスでのドキュメント作成など、パソコンの必要性は依然として高い。そこで、新しいトレンドとなりつつあるのが〝タブレットPC〟だ。

 「MateBook」は、Windows 10を搭載するタブレットPC。ファーウェイがスマホ開発で培った技術を生かし薄型・軽量のフルメタルボディのタブレットPCだ。

20787

指紋センサーで素早くロックを解除できることも〝スマホ譲り〟の利点といえるだろう。パスワード入力の手間が省けて、スリープ状態から起動までは約0.8秒。作業を一時中断してスリープ状態になった場合も、指をあてるだけで素早く作業を再開できる。

また、MateBookは単体でもオン・オフを問わず活用できる端末だが、別売のカバー付きキーボードを取り付けることでノートPCに匹敵するマシンへと進化する。

hertz_cover

HUAWEI

MateBook Keyboard

オープン価格

持ち歩く時は、上質なレザー調のカバーで本体を保護でき、使用時には、机の上でも、膝に置いても快適に操作できるノートPCスタイルのキーボードに。スタンド部は2段階調節が可能。防滴仕様なので、万が一のときにも安心。

_dsc2212

20784

 キーボードは標準的なノートPCと同じ日本語配列のフルキーボードで、キーピッチが広く、ストレスなくタイピングできる。人間工学に基づいて曲面に仕上げられたキーは、最大1.5mmのストロークがあり、ほどよい押し感を得られる。大きめのトラックパッドの操作感もなめらかだ。

 さらに、別売のスタイラスペンは、レーザーポインターにもなり会議に便利。

20829

HUAWEI MatePen

オープン価格

MateBook向けにカスタマイズされたワコム製のスタイラスペン。2048段階の筆圧を感知し、これ1本で本格的なイラストを描くことも可能。1回のチャージで約100時間使え、レーザーポインターなどの便利機能も備える。

20771

20766

 赤く照射するレーザーポインターとしても使え、プレゼン時などに重宝する。MateBookに接続したプロジェクターから投影する場合、MatePenのサイドボタンを押すことで、ページ送り・戻し操作もスマートに行える。

その他にも、USBやHDMI接続を可能にするドックを揃えれば、多彩な機器と繋がるメインマシンに早変わり。MateBookでDVDを観たり、逆にMateBookから映像を出力もできる。

hertz_dock

HUAWEI

MateDock

オープン価格

20832

MateBookのインターフェイスを拡張できる多機能ドック。USB3.0 Type C、USB3.0 Type A×2、LAN、VGA、HDMIのコネクタを備える。内側にはMatePenとUSBの変換アダプタなども収納できる。

スタイラスペンやドックを導入すれば、より快適で楽しくなる。それこそがMateBookの最大の魅力だろう。

「P9」と「MateBook」、スマホシェア第三位のHUAWEIだからこそ実現する高機能ガジェット。この機に乗り換えを検討してみては?

 

商品のお問い合わせは

HUAWEI コールセンター 

(フリーダイヤル)0120-738-288

http://consumer.huawei.com/jp

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 1月号

12月9日(月)
891円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

MonoMax モノマックス ナノ・ユニバース nanouniverse nano 工具セット 付録

雑誌付録の常識を変えた!? ナノ・ユニバース 工具セットは一…