MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

特集トレンドモノ3選

【冬でも暖かいダウン】ザ・ノース・フェイスの人気定番ほか 圧倒的信頼度を誇る「暖かさ最強アウター」3選

執筆者:

ザ・ノース・フェイス/ヌプシフーディー ¥42,900

この記事の画像一覧を見る(11枚)

本格的な冬を迎える前に、今すぐ選んでおきたいアウター。今回は、トレンドを押さえた5つのテーマ「暖かさ、軽量、コスパ、高見え、着回し」で最強アウターを徹底調査。人気スタイリストやプレスが激押しする、今年着るべきアウターが出揃った。その中から、今回ピックアップするテーマは「暖かさ」。過酷なシーンで確立された性能を持つ『暖かさ最強アウター』を決定する!

人気定番ダウンジャケットが続々とアップデート!

「アウトドアスタイリスト 近澤一雅さん」 モノ系雑誌のアウトドア特集やアウトドア系広告を手がけ、アウトドアブランドや商品に関して造詣が深い

アウトドアスタイリスト 近澤一雅さん
モノ系雑誌のアウトドア特集やアウトドア系広告を手がけ、アウトドアブランドや商品に関して造詣が深い。

冬の寒さに備えて、持っておきたいアウターの筆頭といえるダウンジャケット。暖かさを追求するなら、冬のアウトドアでも保温性能を発揮するアウトドアブランドのダウンジャケットを選んでおけば間違いない。

「実のところ、ダウン自体はどのブランドもそこまでの大差はなく、昔であれば水に弱いとされていた部分も解消されているので安心。アウターシェルの違いや、+αのテクノロジーで個性を出しながら、保温性はタウンやキャンプで着るのであれば防寒着としては文句なしでしょう。インナーに何を合わせるかが快適さのカギになるかもしれません」と話すのは、アウトドアスタイリストの近澤さんだ。

今回紹介するのは、いずれも名作として名を馳せる人気定番を現代的にアップデートしたモデルというのも注目すべきポイント。技術が詰め込まれた確かな暖かさに加えて、現代的なシルエットやデザインに進化したことで、タウンでもその実力を遺憾なく発揮するはずだ。

ダウンの「フィルパワー指数」とは?

「フィルパワー指数とは?」 「ダウンの強度」や「その圧力に対する反発力」を表したダウンの測定基準 「ダウンの強度」や「その圧力に対する反発力」を表したダウンの測定基準。例えば、760FP(フィルパワー)の場合、30gのダウンに通常の圧力をかけて実験した際、760立方インチ反発する。このFP指数が高いほど良質なダウンといえる。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

オンの傑作ランシュー「クラウドサーファー」のテクノロジーがトレラン&ハイクシューズに!さて、その実力は?

【使い勝手がいい】人気ダウンブランド「タイオン」の新作は“まさかのダウンレス”なミリタリーシリーズ!

【即ゲットすべき】この実力で1500円はすごい!ワークマンの“万能フリース”が神すぎる

【耐久性・軽量性・速乾性すべて◎】ジャケット、バックパックほか マウンテンハードウェアの最新作が無敵級!

【暖かくて超便利】ザ・ノース・フェイスで発見!不安定な天候にも◎“ちょい足し防寒アイテム”が優秀すぎる

【劇的に暖かい】360度“巻く”ヒーター、電熱ダウンベスト ほか「おすすめ温活グッズ」ベスト5

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【コールマンのバッグ付録がすごい!】水に強い、5つのポケット付きで最強説!

【コールマンのバッグ付録がすごい!】水に強い、5つのポケット付きで最強説!