MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【早くも大きな話題】フィアット パンダの最終モデル「パンダクロス4×4」が見逃せない!200台限定で登場

執筆者:

フィアット パンダの最終モデル「パンダクロス4×4」が200台限定で登場

この記事の画像一覧を見る(6枚)

フィアットのコンパクトSUV「パンダクロス4×4」が200台限定で登場した。「パンダクロス4×4」はこれまでも幾度となく限定車として登場しているが、常に人気モデルとなっており、なかなか手に入らないモデルとして知られている。しかも今回の限定車は、ツインエアエンジンの生産終了により、パンダの最終モデルとなることから、早くも大きな話題を呼んでいる。

Aセグメントのコンパクトカー「パンダ」の4輪駆動モデル

フィアット パンダは1980年に初代モデルが誕生したAセグメントのFFコンパクトカー。現行型は2013年に発売が開始された3世代目で、初代や2代目の思想を受け継ぎながら、安全性や低燃費、低エミッションなど、現代のクルマに求められる性能を追求したモデルとなっている。

街中でも扱いやすいコンパクトなボディサイズに、工夫を凝らした設計で使い勝手に優れた室内空間を実現。「実用性に裏打ちされた遊び心と洗練度を大切にするイタリアのプロダクトデザイン」は高く評価され、欧州市場を中心に人気は高く、フィアット500(チンクエチェント)のベースにもなっている。

パンダ4×4は、その名が示すとおり、パンダの4輪駆動モデル。現行の3代目では2014年9月に初めて限定車として登場。それ以来、SUVテイストの「クロス4×4」、スポーティな「ストリート4×4」など、さまざまな仕様の限定車として設定され、常に高い人気を博してきた。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【スズキの使える軽ワンボックス】クラストップレベルの積載能力でアウトドアでも◎ 「エブリイ」が一部改良で新登場

【NEXCOが事故映像配信&記者会見も……】高速道路で工事現場への突っ込みが多発!原因はやっぱりアレだった

【日常使いにちょうどイイ】ひとり乗り電気自動車「EV-eCO」のお手軽さがすごい!

【アルファロメオのミドルサイズSUV】通常モデルよりもお得に!「トナーレ」に台数限定の特別仕様車が登場

【漆黒のボディカラー】シトロエンの特別仕様「エディション ノアール」は人気シリーズとなるか!

【絶大な人気を誇るスズキの本格派】スズキ「ジムニー/ジムニー シエラ」が仕様変更、法規対応に伴う改良で安全性が向上!

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【コールマンのバッグ付録がすごい!】水に強い、5つのポケット付きで最強説!

【コールマンのバッグ付録がすごい!】水に強い、5つのポケット付きで最強説!