MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【蜜たっぷりの焼き芋が自宅で…】ライソンの第2世代「超蜜やきいもトースター」が絶好調!その実力は?

執筆者:

【5日で目標金額400%達成!】ライソンの第2世代「超蜜やきいもトースター」が絶好調! さて、その実力は?

この記事の画像一覧を見る(9枚)

焼き芋イベントでも2時間以上の行列ができる名店「超蜜やきいも pukupuku」が監修したコラボ家電「超蜜やきいもトースター G2(第弐世代)」を展開するライソンは、アタラシイものや体験の応援購入サービスMakuakeにて、2024年2月10日まで先行販売を実施している。

「超蜜やきいも」とは、東京の焼き芋専門店「超蜜やきいも pukupuku」が編み出した独自の焼き方で焼き上げる蜜トロトロの焼き芋。砂糖を使っていないのに、表面に黄金色の甘い蜜がたっぷりにじみ出ているのが特徴だという。

「超蜜やきいもトースター G2」一般販売予定価格¥23,760/約W355×D315×H210㎜

ライソン/超蜜やきいもトースター G2
一般販売予定価格¥23,760
約W355×D315×H210㎜

「超蜜やきいもトースター G2」は、焼き芋職人の焼き方を再現する自動調理プログラムを搭載したトースターの次世代機。pukupukuが監修した自動調理プログラム「超蜜やきいもモード」では、熟成したべにはるかという品種のサツマイモをホイルに巻いてスイッチを押すだけで、トースター庫内で職人の温度管理を再現し、甘くて蜜たっぷりの美味しい焼き芋を焼き上げる。初代のプログラムを全面変更している。

スイッチを押すだけで職人みたいな「超蜜やきいも」に従来品では「やきいも専用ケース」に入る本数が2~3本だったが、ケースが不要になり、トースター庫内で広々と焼けるようになったため、一度に焼ける本数も増えた。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【冬でも暖かい】ワークマンのぽかぽかルームブーツ ほか「夜に使いたくなる温活グッズ」ベスト4

【ちょうどいい電気圧力鍋】同時に2つの料理が作れる機能は優秀!ティファールの新作は使いやすくてコスパ最高

【100万台突破の人気コーヒーメーカーが進化】シロカの“カフェばこ”がリニューアル!パワーアップしたポイントとは?

【カインズの大ヒットモノ】コスパ最強!暮らしが激変する…「CAINZで売れた日用品」ベスト5

【掃除機のシャークからミキサー!?】アメリカNo.1小型キッチン家電ブランド「ニンジャ」日本上陸第1弾はさすがの品質!

すごい“おうち居酒屋セット”、ホットサンドメーカーで作る激うまキャンプ飯レシピ ほか【調理器具の人気記事 月間ベスト3】(2023年12月)

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!