MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【ピックアップ人気が沸騰中!】トヨタ ハイラックスに“超タフ”な特別仕様「レボ・ロッコ」が登場

執筆者:

トヨタ ハイラックスに特別仕様車「Z レボ・ロッコ・エディション)」が登場

この記事の画像一覧を見る(5枚)

トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」に、力強さを強調したアグレッシブなデザインを特徴とする、特別仕様車「Z レボ・ロッコ・エディション(Z“Revo ROCCO Edition”)」が登場した。ハイラックスの日本仕様車の生産はタイ国内で行われるが、レボ・ロッコ(Revo ROCCO)とはタイ仕様のハイラックスにつけられるサブネームに由来する。販売開始は2024年5月ごろの予定だが、すでに注文受け付けを開始、早くも大きな話題を呼んでいる。

濡れた荷物も気にせずラフな使い方ができるピックアップ

トヨタ ハイラックスは、トヨタがグローバル展開するミドルクラスのピックアップトラック。180以上の国・地域で累計1600万台以上を販売されてきた超人気モデルで、それぞれの地域のニーズや実情に応じて、シングルキャブやエクストラキャブなど多様なボディタイプが設定されている。

日本市場では一時的に導入が途絶えていたが、2017年9月に、IMV(Innovative International Multi-purpose Vehicle=国際多目的自動車プロジェクト)の下で生産される現行モデルが8代目として日本市場に導入が開始された。

日本仕様のハイラックスは、ボディサイズが全長約5.3m、全幅約1.9mで、キャビンは2列シートの定員5人。後方に設けられたデッキスペースは長さ×幅×高さ=1520×1535×480mmで、最大500kgまで搭載できる。

エンジンはパワフルな動力性能を誇る2.4L直4ディーゼルターボを搭載。過酷な悪路にも負けないタフなサスペンション、高剛性ボディ、優れた駆動力を発揮するパートタイム4WDも魅力となっている。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【アルファロメオのミドルサイズSUV】通常モデルよりもお得に!「トナーレ」に台数限定の特別仕様車が登場

【漆黒のボディカラー】シトロエンの特別仕様「エディション ノアール」は人気シリーズとなるか!

【絶大な人気を誇るスズキの本格派】スズキ「ジムニー/ジムニー シエラ」が仕様変更、法規対応に伴う改良で安全性が向上!

【三菱の世界戦略車がついに】新型「トライトン」販売開始!先行予約好調で日本でピックアップトラックの人気再燃か

【脅威の高コスパモノ】大バズり中“泡洗車用フォームガン”がついに電動化 ほか 「コメリの価格破壊」最新アイテム3選

最高傑作!ホンダの新型「N-BOX」、洗練された“黒”のフィット ほか【クルマの人気記事 月間ベスト3】(2024年1月)

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!