MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

特集トレンドモノ3選

【一生モノ腕時計】“腕時計界のF1”を目指した開拓者「リシャール・ミル」至高の傑作3本

執筆者:

【一生モノ腕時計】“腕時計界のF1”を目指した開拓者「リシャール・ミル」至高の傑作3本

この記事の画像一覧を見る(5枚)

人気が高まる高級腕時計の世界で、歴史と伝統に裏付けられた世界最高峰のブランドを厳選。高級ブランドが絶対とは限らないが、ステイタス性やリセールも含めて考えれば、高級ブランドには選ばれる理由が確かにある。

ブランドを象徴する定番から最新モデルまで“一生モノ”の腕時計をご紹介。今回は“腕時計界のF1”を目指した開拓者「RICHARD MILLE(リシャール・ミル)」の至高の3本をピックアップ。

「リシャール・ミル」“腕時計界のF1”を目指した開拓者

ブランドDATA
創立:2001年
創設者:リシャール・ミル
創設地:スイス

数社を渡り歩いたリシャール・ミルが満を持してブランドを設立し、2001年にバーゼルワールドにて“RM 001”を発表。ムーブメント自体を魅せるものとしてメイクしたトゥールビヨンは多くの愛好家の賞賛を得て完売。その後もモデルごとにムーブメントを開発し搭載するという画期的な手法で、時計業界に次々と旋風を巻き起こしている。

1. 極めて複雑な構造の最もラグジュアリーなクロノグラフ

リシャール・ミル
RM 65-01 オートマティック スプリットセコンド クロノグラフ

リシャール・ミル
RM 65-01 オートマティック スプリットセコンド クロノグラフ
¥46,200,000

5年にも及ぶ開発期間を得て完成された大作。ケースには、軽量で耐久性に優れたカーボンTPT ®を使い、お家芸でもあるファンクションセレクターを搭載。ブランドの持つ技術力が集約された、イノベーションの結晶だ。サイズ44.5×49.94mm、自動巻き、50m防水。

長時間着用していない時計を、一瞬で素早く巻き上げる高速巻き上げ機構を搭載長時間着用していない時計を、一瞬で素早く巻き上げる高速巻き上げ機構を搭載。

複雑機構の1つでもあるスプリットセコンドクロノグラフを搭載複雑機構の1つでもあるスプリットセコンドクロノグラフを搭載。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【新・一生モノ腕時計】プロが激推しする「永世定番モデル」とは?傑作時計ベスト2選を徹底解説!

【100気圧防水の本格ダイバーズ】エドックス「ネプチュニアン」の日本限定モデルに大注目

【ティソの最新スポーツウォッチ】歴史の新たな一章を拓くクロノグラフ「PR516」が鮮烈デビュー!

【5万円以下の機械式時計】Orient「オリエントマコ 40」最新モデルは日常使いにちょうどいい傑作だった

【注目必至の限定ドレスウォッチ】ブランド創成期のデザインを再現した「クレドール」50周年記念モデルが登場

【オリエントスターの機械式時計】先進的なテクノロジーを駆使して開発された新モデル「M34 F8 デイト」がデビュー

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!