MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

5月号通常号

5月号通常号

2024年4月9日(火)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【くつろぎを極めた上質なクルマ】シトロエン「C5 X ヒプノス プラグインハイブリッド」はフランス流の豪華さが味わえる

執筆者:

特別仕様車「C5 X ヒプノス プラグインハイブリッド」

この記事の画像一覧を見る(9枚)

シトロエンのフラッグシップモデル「C5 X(C5 エックス)」に、特別仕様車「C5 X HYPNOS PLUG-IN HYBRID(ヒプノス プラグインハイブリッド)」が設定されて登場した。カタログモデルのC5 X MAX プラグインハイブリッドをベースに、通常モデルでは設定されていないブルーエクリプスとグリプラチナムの落ち着いたボディカラーにベージュ基調の明るい内装を採用して、シンプルで落ち着いていながら華やかなフランスらしい上質さを表現している。日本車やドイツ車、イタリア車とはまた異なる豪華さは要注目だ。

ちなみに、「HYPNOS (ヒプノス)」はギリシャ神話の「眠りの神」に由来。深い静寂を感じさせるボディカラーなど、寛ぎを極めたモデルであることをその名称に込めている。今回はその「ヒプノス」の詳細に迫ってみる。

CX以来の上級シトロエンの伝統を受け継いで登場したC5 X

シトロエン C5 Xは、シトロエンブランドにとって久々の大型上級モデルとして、2022年8月に登場した。セダンとワゴン、SUVの3つの独創的な融合と謳われているが、1974年に誕生したCXを彷彿とさせるファストバックスタイルは、かつて上級シトロエンのトレードマークだった。

インテリアは近年のシトロエン車に共通する雰囲気を漂わせながら、繊細で上質な、すっきりしたデザインで、これもまさに、CX以来の上級シトロエンの伝統だ。

サスペンションにはかつてのハイドロニューマチック/ハイドラクティブを継承するプログレッシブ ハイドローリック クッション(PHC)を採用。大径だが幅が細い205/55R19サイズのタイヤともあいまって、「魔法のじゅうたん」のような独特のシトロエンの走りも復活している。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【トヨタのコンパクトHEV】一部改良のアクアに上質な特別仕様車「Z“ラフィネ(Raffine)”」が登場!

【ワイルドなクラウン!?】こうでなくちゃ!クラウン クロスオーバーに特別仕様車「 RS “ランドスケープ”」が登場

プロが解説「対向車のハイビーム」急増中の理由、ホンダのSUV「ヴェゼル」が上質モデルに移行!? ほか【クルマの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【お値段以上の作戦がすごい】スズキ新型「スイフト」は衝撃の“ノー”ストロングハイブリッド!自動車ジャーナリストが徹底解説『小沢コージの遊べるクルマ』

【限定200台のコンパクトSUV】自由な非日常を楽しもう!ジープ コンパスに限定車「ブラック シャーク」が登場

【さまざまなニーズに柔軟に対応】日産「アトラス」にダブルキャブ仕様、1.55t仕様が登場

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

【手ぶら派の味方】便利でタフでチルできる!グラミチの「最新ボトム」コレクション3選

今月のモノマックス特別付録

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!