MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【“反則級”の高コスパ】ザ・ノース・フェイスの圧倒的高機能を誇る「即決すべきお値打ちモノ」ベスト5

執筆者:

ザ・ノース・フェイス シャトルデイパック リミテッド

この記事の画像一覧を見る(12枚)

読者のみなさんから高い支持を集める超人気ブランドの商品はどれも名作揃いですが、中には“反則級”ともいえる高コスパモノが存在。そもそもコスパモノとは、ただ安く買えるだけのアイテムではなく、価格以上の満足感を与えてくれるデザインや機能、素材使いなどが重要。加えて、誰もが知り、憧れるブランドであればなおさらです。つまり、「えっ、あのブランドの〇〇がこの価格で買えるの!?」という驚きが欠かせないのです!

特にアウトドアブランドは、最先端の高機能素材を使用し、動きやすく、耐久性にも優れていて高コスパモノの宝庫。今回は大自然から街まで圧倒的高機能で人気を誇る「ザ・ノース・フェイス」の即決すべきお値打ちアイテムをご紹介!

誰もが憧れる!超人気ブランド「ザ・ノース・フェイス」

誰もが憧れる!超人気ブランド「ザ・ノース・フェイス」1966年カリフォルニア州でスタート。1970年に発表したシェラパーカが大ヒットとなり不動の地位を確立。その後も画期的なアウトドアギアや高機能ウェアをリリースし、誰もが憧れるアウトドアブランドとなった。

【反則級高コスパ01】肉厚素材を存分に使って抜群の保温力を誇りながら驚きの価格!

ザ・ノース・フェイス
92’ エクストリーム フリースジャケット

ザ・ノース・フェイス
92’ エクストリーム フリースジャケット
¥27,500

90年代に開発したスノースポーツ用のウエアのデザインをリバイバルさせた厚手のフリースジャケット。ゆとりあるシルエットとクラシカルな配色で、ウインタースポーツのインナーからタウンユースのアウターまでおしゃれに着回せる。

2万円台なのに…バーサマイクロエコフリースでヌクヌク!

エコ素材を用いたオリジナルフリース生地は、肉厚で優れた保温力を持ち、ふわふわの肌触りも最高!エコ素材を用いたオリジナルフリース生地は、肉厚で優れた保温力を持ち、ふわふわの肌触りも最高!

ファスナーの内側に冷気や風の侵入を防ぐウインドフラップを装備し、一枚で着ても暖かさをキープファスナーの内側に冷気や風の侵入を防ぐウインドフラップを装備し、一枚で着ても暖かさをキープ。

ショルダーやポケットは70デニールと160デニールを組み合わせたリサイクルナイロンで補強されるショルダーやポケットは70デニールと160デニールを組み合わせたリサイクルナイロンで補強される。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【ストレスフリーな逸品】UNTRACEに別注した「ストレッチスモック」がさらに便利に

【傑作カバン大賞】忖度なしでガチ審査!ソフトキャリーバッグ部門ベスト3「バックパックにもなる二刀流に注目」

【使い勝手がいい】人気ダウンブランド「タイオン」の新作は“まさかのダウンレス”なミリタリーシリーズ!

【耐久性・軽量性・速乾性すべて◎】ジャケット、バックパックほか マウンテンハードウェアの最新作が無敵級!

【傑作カバン大賞】忖度なしでガチ審査!バックパック部門ベスト5「1位はシンプル顔ながら収納力◎の機能派」

【暖かくて超便利】ザ・ノース・フェイスで発見!不安定な天候にも◎“ちょい足し防寒アイテム”が優秀すぎる

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!