MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

特集使用レポート

【クルマ好きにはたまらない】トヨタ、三菱、スズキ……カスタムカーの祭典「東京オートサロン」で注目の車両をレポート!

執筆者:

ランドクルーザーの40のクラシカルなスタイルとランドクルーザー70の走破性と乗り心地を両立させた足回りを組み合わせた「ランクル40×ランクル70」

この記事の画像一覧を見る(23枚)

1月の12、13、14日と幕張メッセで開催されたカスタムカーの祭典「東京オートサロン」。1983年にスタートしたこのイベントはカスタムカー文化を広めるために生まれたもので、会場内には自動車メーカーをはじめ、チューニングやドレスアップを手がけるショップにパーツメーカー等が出展、また自動車関連のアイテムやゲームにファッションアイテム等の展示販売も行われていた。

クルマを便利な移動手段としてだけではなく、レースやカスタムにアウトドア、そしてファッションと幅広く楽しむことができる趣味性の高いモビリティとしての提案を行い、毎年、数多くの人たちが来場している。今年は3日間で約23万人が訪れ、イベントは大いに盛り上がった。今回はそんな「東京オートサロン2024」で目を引いた注目のブースと車両、そしてアイテム等をレポート。

毎回大注目のトヨタガズーレーシングブース

日本を代表する高級車、新型センチュリーをガズーレーシングが手がけた「センチュリーGRMN」ブースが大きく、会場の中でも一際混雑しているトヨタの市販車スポーツカーブランド「ガズーレーシング」のブース。ガズーレーシングは「もっといいクルマづくり」に挑戦しつづけ、モータースポーツの新しい技術や方法を追求、それを新たなクルマづくりにフィードバックさせている。

今回は一人のクルマ好きとしてクルマ好きの皆さんともっと熱くなりたい、未来を作っていきたいというモリゾウこと豊田章男氏の想いから「MORIZO Garage」と題して、モリゾウの愛車をメインに展示。存在感溢れるモデルが展示されている中、特に気になったのは日本を代表する高級車、新型センチュリーをガズーレーシングが手がけた「センチュリーGRMN」。

モリゾウの愛車の一台というスズキの人気軽四駆「ジムニー」モリゾウの愛車の一台という可愛らしいヤマハの原付スクーター「ビーノ」。トヨタ・レクサス車以外の展示として来場者を驚かせたのは、モリゾウの愛車というスズキの人気軽四駆「ジムニー」、そして可愛らしいヤマハの原付スクーター「ビーノ」。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【アルファロメオのミドルサイズSUV】通常モデルよりもお得に!「トナーレ」に台数限定の特別仕様車が登場

【漆黒のボディカラー】シトロエンの特別仕様「エディション ノアール」は人気シリーズとなるか!

【絶大な人気を誇るスズキの本格派】スズキ「ジムニー/ジムニー シエラ」が仕様変更、法規対応に伴う改良で安全性が向上!

【三菱の世界戦略車がついに】新型「トライトン」販売開始!先行予約好調で日本でピックアップトラックの人気再燃か

【脅威の高コスパモノ】大バズり中“泡洗車用フォームガン”がついに電動化 ほか 「コメリの価格破壊」最新アイテム3選

最高傑作!ホンダの新型「N-BOX」、洗練された“黒”のフィット ほか【クルマの人気記事 月間ベスト3】(2024年1月)

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!