MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

5月号通常号

5月号通常号

2024年4月9日(火)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

特集トレンドモノ3選

【ベストバイ文具3選】専門家が2023年に買ってよかった“私的文具大賞”とは?併せて知りたい2024年のトレンドも!

執筆者:

カラバリ豊富。2個使いも◎ニュアンスカラーなど全6色を用意。ウォータークリアを使えば、はさんだ部分が隠れることがなく、しっかり深めにはさんでも安心だ。

ガバッと大きく開く持ち手部分が大きくフラットな形状だから、つまんで広げても指が痛くなりにくい。大きく開いて狙ったところにはさみやすいのもいい。

本を留める際の長年のモヤモヤを解消!?
「以前から、ノートや書籍を開いたまま留めておくのに、女性用の大型ヘアクリップがいいと思っていました。実際は曲線的なフォルムのため使いにくいのですが、その最適解がウカンムリクリップです。長年のモヤモヤがスッキリした人も多いのではないでしょうか。2023年の文房具業界は、コロナ禍で根付いた『趣味の文具』の世界がさらに 発展したように感じます。Me Timeを大事にする人が増えたのでしょう」(高木さん)

2024年のトレンドは?
「若い男性の木製ペン、成人女性のガラスペンがコレクションとしても定着してきた昨今。今年はそれを収納するケースや革小物など、周辺グッズへの波及がありそうです。また、そういったペン人気の余波を受けて、中高年男性の万年筆ブームが再燃するかも」(高木さん)

株式会社ノウト/高木芳紀さん

選んだ人:株式会社ノウト/高木芳紀さん
文具雑貨メーカー・ノウト(ノベルティ研究所 )代表。文具の製作、文具イベント、メディア出演などで活躍中。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【デジタルより紙の方が記憶に残る!?】「記憶力・要約力・発想力」に差がつくメモの取り方とは? 用途別マルマン『ニーモシネ』の超使えるノート5選

【趣味人の愛用品】モノにこだわる「俳優・小泉孝太郎」の愛用&今気になるアイテム、“魅力的なモノ”の見つけ方とは?

【母の日のギフトにもおすすめ】贈り物の主役になる新感覚のレターギフト「RETTEL(レッテル)」に注目!

【限定300本が完売の大反響文具】学習時の“あの悩み”を解消!? 目からウロコのアイデア文具はココがスゴイ!

手が疲れない新発想のペン、便利すぎる省スペースの話題作 ほか【文具の人気記事 月間ベスト3】(2024年2月)

絶対買いの“必殺DIYギア”を体験、コスパ最高“ちょうどいい”調理家電 ほか【ガジェット・家電の人気記事 月間ベスト3】(2024年2月)

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

【手ぶら派の味方】便利でタフでチルできる!グラミチの「最新ボトム」コレクション3選

今月のモノマックス特別付録

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!