MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【一生モノ腕時計】革新的な技術、新素材、常に挑戦を続けているブランド「ラドー」の傑作2本

執筆者:

【一生モノ腕時計】革新的な技術、新素材、常に挑戦を続けているブランド「ラドー」の傑作2本

この記事の画像一覧を見る(3枚)

腕時計全体の価格が高騰し、老舗の本格時計になると100万円オーバーと聞いても驚かなくなった。しかし、「もはや本格時計は買えない。手が出せない」と諦める必要はない。ちょっと頑張って手が届く価格帯に、機能、デザイン、ステータスのすべてが揃った本格時計はある。

今回は税込み39万円以下で手に入る一生モノの本格時計を紹介。今回は革新的な技術、新しい素材、常に挑戦を続けているブランド「RADO(ラドー)」の傑作2本をピックアップ。

「ラドー」革新的な技術、新しい素材、常に挑戦を続けているブランド

ブランドDATA
創立:1917年
創設者:シュルップ三兄弟( フリッツ、エルンスト、ヴェルナー)
創設地:スイス

1917年創業のラドー。当初はムーブメントの製造会社だったが1957年に後の社名となるラドーの名を冠した時計「ゴールデンホース」を発表。以降、腕時計を製作するブランドとして運営。テニスの大会のスポンサーやクリエイターとのコラボなどでも知られている。

1. シンプルかつ豪華な大人顔ウォッチ

ラドー
セントリックス オートマティック ダイヤモンド

ラドー
セントリックス オートマティック ダイヤモンド
¥365,200

3、6、9、12時位置に配されたダイヤモンド、インデックスを排したシンプルな文字盤が特徴の1本はハイテクセラミック、ステンレススチール、チタニウムによるハイブリッドなブレスも魅力。ケース径39.5mm、5気圧防水、自動巻き。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【新・一生モノ腕時計】プロが激推しする「永世定番モデル」とは?傑作時計ベスト2選を徹底解説!

【100気圧防水の本格ダイバーズ】エドックス「ネプチュニアン」の日本限定モデルに大注目

【ティソの最新スポーツウォッチ】歴史の新たな一章を拓くクロノグラフ「PR516」が鮮烈デビュー!

【5万円以下の機械式時計】Orient「オリエントマコ 40」最新モデルは日常使いにちょうどいい傑作だった

【注目必至の限定ドレスウォッチ】ブランド創成期のデザインを再現した「クレドール」50周年記念モデルが登場

【オリエントスターの機械式時計】先進的なテクノロジーを駆使して開発された新モデル「M34 F8 デイト」がデビュー

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!