MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

5月号通常号

5月号通常号

2024年4月9日(火)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【アウトドア志向の新仕様も設定】ホンダがヴェゼルのマイナーチェンジを先行公開、より上質なモデルに移行!?

執筆者:

2024年春にマイナーチェンジ予定のコンパクトSUV「ヴェゼル」に関する情報を先行公開

この記事の画像一覧を見る(8枚)

本田技研工業は2024年春にマイナーチェンジを予定しているコンパクトSUV「ヴェゼル」に関する情報を公式ウェブサイトで先行公開した。2021年4月の登場から3年、2代目ヴェゼルはどう進化するのだろうか。

2代目となってさらに人気が高まったベストセラーSUV

ホンダ ヴェゼルは、SUVの持つ力強さ、クーぺの美しさ、ミニバンの使いやすさを持つクロスオーバータイプのコンパクトSUV。2013年12月に登場した初代は、ガソリン車とハイブリッド車の両方にFFと4WDを設定するなど幅広いバリエーションを揃え、45万台の国内販売を記録するベストセラーモデルとなった。

現行は2021年4月にデビューした2代目で、先代からコンパクトなボディサイズやホンダ独自のセンタータンクレイアウト、多彩なシートアレンジを継承しながら、ハイブリッドのシステムを現行フィットと同じ2モーター式のe:HEVに変更し、シャシも強化、デザインもより力強く美しいプロポーションに進化し、さらに人気を高めている。

ただ、2023年3月にボディサイズがほぼ同じコンパクトSUV「WR-V」が登場したことで、ややそのポジションニングがわかりにくくなってきているのも事実。ホンダとしてはそれを想定して、早くからヴェゼルのマイナーモデルチェンジの準備をしていたと推測される。

ちなみに、「WR-V」はタイのアジア最大の四輪開発拠点であるタイで生産される世界戦略車。日本導入モデルはガソリンエンジンのFF仕様のみで、エントリーモデルとして車両価格は抑えられている。また、コストのかかるセンタータンクレイアウトも採用していない。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【トヨタのコンパクトHEV】一部改良のアクアに上質な特別仕様車「Z“ラフィネ(Raffine)”」が登場!

【ワイルドなクラウン!?】こうでなくちゃ!クラウン クロスオーバーに特別仕様車「 RS “ランドスケープ”」が登場

普通二輪免許で味わえるホンダの最高峰バイク、SHOEIの注目必至ヘルメット ほか【バイクの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

プロが解説「対向車のハイビーム」急増中の理由、ホンダのSUV「ヴェゼル」が上質モデルに移行!? ほか【クルマの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【お値段以上の作戦がすごい】スズキ新型「スイフト」は衝撃の“ノー”ストロングハイブリッド!自動車ジャーナリストが徹底解説『小沢コージの遊べるクルマ』

【限定200台のコンパクトSUV】自由な非日常を楽しもう!ジープ コンパスに限定車「ブラック シャーク」が登場

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

【手ぶら派の味方】便利でタフでチルできる!グラミチの「最新ボトム」コレクション3選

今月のモノマックス特別付録

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!