MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

6月号通常号

6月号通常号

2024年5月9日(木)発売
特別価格:1,290円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

「対向車のハイビームがまぶしい!」急増中の理由は? “暗闇の無灯火運転”も減らない……気になる最新事情を解説

執筆者:

無灯火も増えている……その理由は

光害がひどいと嘆きつつも、真逆の無灯火も増えている。真っ暗な夜道でよく見るとクルマが走っていて驚くことすらあって、とても危険だ。まぁ、日本はトンネルに入ってもヘッドライトを点けないクルマが多い国ではあるが……。点けない原因は、メーターが自発光式になって運転席まわりは明るいから。カーナビの画面が光っているのも拍車をかけているだろう。前方の路面がなんだか暗いな、と気がつくと思うのだが、スマホいじりも含めてなんとなく運転している人が多い時代だけに仕方がないか。

ちなみにその昔、イタリアで運転していて夕立ちにあったところ、周囲のクルマが一斉にライトを点けたのには驚いた。運転作法は恐ろしく荒いが、クルマを運転することにおいてなにが重要か、よくわかっているな、妙に納得したものだ。

無灯火対策としては、暗くなると自動で点灯するオートライトが現在義務化されている無灯火対策としては、暗くなると自動で点灯するオートライトが現在義務化されているが、2020年4月以降の新型車のみが対象なので、全車に装備されるのはかなり先のことになる。

ヘッドライトをはじめとしたライト類は、自車の位置をアピールしたり、周囲を照らすなど重要な役割を持っている。間違った使い方は、逆効果になることもあって、危険ですらあるという認識を持っていてほしい。

この記事の画像一覧
  • なぜ急にハイビームが増えたのか?
  • 無灯火対策としては、暗くなると自動で点灯するオートライトが現在義務化されている

この記事の画像一覧を見る(2枚)

12

この記事のタグ

この記事を書いた人

ライター/近藤暁史

ライター/近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「あなたのクルマ、車検に落ちるかも」 8月から始まる“新検査基準”が結構シビアに……思わぬ出費に備えて!

セクシーでお買得な“ホンダ新型”をプロが徹底解説、日本発売に期待膨らむ日産「キックス」ほか【SUVの人気記事 月間ベスト3】(2024年4月)

【彩速テクノロジー搭載】緻密でワイドな視野角のHD映像を体感!ケンウッドが最新カーナビ4機種をローンチ

【それも違法!?】ドライブシーズン到来「やってしまいがちな交通違反4選」守っておくべき交通ルールを解説

【EVの不安を一掃】ホンダが「N-VAN  e:」の販売開始に先立ちEV充電サポートサービスを開始!

【ジープの代表格オフローダー】「ラングラー」が6年ぶりに大幅改良して登場! 2つの限定車は争奪戦必至!?

MonoMax編集長も太鼓判! 夏の不快感の原因は「汗」! それを打破してくれるのがずばり「アセドロン」なんです!

【新しい旅のカタチ】 JTBが提案する「アドベンチャーツーリズム」に注目!現地ガイドが案内するおすすめプランで新発見と感動の旅を!

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

今月のモノマックス特別付録

【この付録が便利すぎる!】カード20枚収納&キーリング付き!ミニ財布の決定版!

【この付録が便利すぎる!】カード20枚収納&キーリング付き!ミニ財布の決定版!