暗所でも歩きながらでもキレイに撮れるソニー・ハンディカム

ソニーはハイビジョンビデオカメラの

新モデル4機種を2月より発売する。

 

新モデルの4台は

ハードディスクやメモリースティックなど

人気の高いメディアを採用し

容量が大幅にアップしている。

ハイエンドモデルとなるXR500V/520Vは

暗い場所でもキレイに撮影できる

「“Exmor R”CMOSセンサー」を搭載し

歩きながらの撮影でもブレを大幅に軽減する。

 

小型ボディのXR100は

そのボディサイズとは裏腹に

大容量HDD(80GB)を搭載。

最長で約33時間30分の記録が可能だ。

 

メモリータイプのCX-120は

3色のカラーリングで展開。

内蔵メモリーも付属メモリースティックも

どちらも16GBの大容量。

あわせて32GBは最長約13時間の記録ができる。

              

型番 HDR-XR500V HDR-XR520V
 
記録メディア HDD:120GB

メモリースティック(別売)

HDD:240GB

メモリースティック(別売)

実勢価格 ¥128,000前後 ¥148,000前後
発売日 2月20日 2月20日

 

              

型番 HDR-XR100 HDR-XR520V
 
記録メディア HDD:80GB

メモリースティック(別売)

メモリー:16GB

メモリースティック:16GB

実勢価格 ¥100,000前後 ¥100,000前後
発売日 2月20日 2月20日

 

(岡安学)

 

ソニーホームページ

商品詳細

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 1月号

12月7日(金)
890円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから