MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

特集編集長が注目する新作「コレ買いです」

「純粋にかっこいいダイバーズテイスト」セイコー 5スポーツ“オールブラック”の完成度がスゴイ!/編集長のお墨付き『コレ買いです』Vol.56

執筆者:

ブラックの表現力に舌を巻いた!

「SBSA025」の特徴は、なんといってもオールブラック仕様のあしらいでしょう。

すべてがブラックベースのモノトーンで統一文字盤や針、インデックスはもちろん、目盛りが刻まれた逆回転防止ベゼルやケース、ベルトに至るまで、すべてがブラックベースのモノトーンで統一されています。ブラックは精悍さや都会的な洗練、本質的な魅力を感じさせるカラー。SKXルーツということでもともとたくましい印象のあるモデルですが、オールブラックになって存在感がいっそう増したように思えます。それもガンメタのような艶っぽさとは対極のマット仕上げがベースなことも、洒落感を漂わせている理由でしょう。

しっかり時刻が読み取れるようになっているそして、単純に「黒くしました!」で終わらないのが今作のいいところ。モノトーンでまとめながらも、針やインデックスなど、色のトーンや材質、表面の仕上げなどを工夫することでしっかり時刻が読み取れるようになっているんです。

水中という過酷な環境下での利用を想定したダイバーズウオッチは、その呼称を名乗れるかどうかが審査されるISO 6425規格のひとつに「視認性」の項目が設けられており、各種表示を見誤ることなく正しく確認できるかどうかが重要視されています。「SBSA025」自体はダイバーズウオッチと呼べる性能を備えていないのですが、オールブラックにアレンジしても、出自に恥じない視認性を確保しているところに、ブランドのプライドを感じました。

この記事のタグ

この記事を書いた人

奥家慎二

編集長奥家慎二

2010年よりMonoMax編集部に所属し、2020年より現職。腕時計を中心に、ファッション、クルマ、アウトドア、家電、スポーツなどあらゆるジャンルを担当。モノの背景にあるストーリーや作り手のこだわりをこよなく愛する。『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ)には便利グッズ評論家として出演。『ZIP!』『午前0時の森』(ともに日本テレビ)にはモノのプロとして出演するなど、テレビ、雑誌、WEBなどメディアに多数出演中。

執筆記事一覧


Twitter:@MonoMaxWEB

Instagram:@MonoMax_tkj

Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「胸アツ秘話もたまらない」007、トップガン…プロがオススメしたい“映画にまつわる傑作腕時計”3選【動画で徹底解説】

「ラグジュアリーな新作クロノグラフ」フレデリック・コンスタントの人気コレクション“ハイライフ”に絶妙カラーの新色が登場

「注目必至の腕時計」ジュネーブ帰りのプロが語る!世界最大の時計展から見えてきた“最新トレンド”とは?【2024年最新腕時計スクープ】

「5万円台で買える機械式時計」60〜70年代に人気を博したセイコー 5スポーツのヘリテージモデルを限定復刻!

【ティソ×ウィルソン×WNBA】世界最高峰の女子バスケリーグ初の公式ウォッチは男性の腕にもなじむ40ミリ径!

「男心をくすぐるダイバーズウォッチ」エドックスの傑作“クロノオフショア1”の限定オールブラックに注目

【最注目のメンズケアブランドを徹底解剖】七つのキーワードからMARO17の魅力を紐解く!

「ロマンあふれる腕時計」ザ・ニシオギの最新作は隕石と天然石で夜空の煌めきと神秘を表現した珠玉の一本

【入荷したら即完売を繰り返す】アタオのギミック財布「チェス」の新作もやっぱり買い!

今月のモノマックス特別付録

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ