MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【ホンダのコンパクトSUV】その個性と魅力がより鮮明に…ホンダ「ヴェゼル」がマイナーチェンジ!

執筆者:

「e:HEV」、「リアルタイムAWD」、「ホンダ センシング」もアップデート

「e:HEV」のエネルギーマネージメント制御を見直し、アクセルレスポンスを向上させるなどの改良を実施今回のマイナーチェンジでは、2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」のエネルギーマネージメント制御を見直し、エンジン始動回数、停止頻度を大幅に低減するとともに、アクセルレスポンスを向上させるといった改良も加えられている。

また、「e:HEV」モデルには、四輪に最適な駆動力配分を行い、高いコントロール性と安心感を提供する「リアルタイムAWD」を設定。滑りやすい路面でのトラクションコントロールのブレーキ介入タイミングを見直し、雨、雪、アイスバーンなどさまざまな滑りやすい路面状況で高い運動性能を発揮するようにセッティングされている。

先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」は全タイプに標準装備。従来の、衝突軽減ブレーキ<CMBS>、路外逸脱抑制機能、渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール<ACC>、車線維持支援システム<LKAS>の機能向上に加え、トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)、急アクセル抑制機能、アダプティブドライビングビームの機能が追加された。

独自のセンタータンクレイアウトで限りなくフラットな荷室空間を創出

【ホンダのコンパクトSUV】その個性と魅力がより鮮明に…ホンダ「ヴェゼル」がマイナーチェンジ!ボディカラーは、新色の「シーベッドブルーパール」、ヴェゼルで初採用となる「スレートグレーパール」と「ボタニカルグリーンパール」が加わり、全7色。e:HEV PLaYは、ルーフがブラックまたはシルバーとなる2トーンカラーのみの設定となる。

■ホンダ ヴェゼル ラインナップ(車両価格は税込み)

G ¥2,648,800(4WD)
e:HEV X ¥2,888,600(FF)/¥3,108,600(4WD)
e:HEV X HuNTパッケージ ¥2,998,600(FF)/¥3,218,600(4WD)
e:HEV Z ¥3,198,800(FF)/¥3,418,800(4WD)
e:HEV Z PLaYパッケージ ¥3,556,300(FF)/¥3,776,300(4WD)

この記事のタグ

この記事を書いた人

近藤暁史

ライター近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

ホンダの“超好調”な新型SUV、新・レクサスは「セクシーだけどカジュアル」ほか【SUVの人気記事ランキング】(2024年5月版)

「車中泊が気軽に楽しめる移動基地」跳ね上げ式ベッドと硬質フロアパネルで使い方無限大!“キャラバン マルチベッド”で冒険に出かけよう

【跳ね馬のDNAを完璧に体現】フェラーリの“12気筒”という名の新フラッグシップ「ドーディチ チリンドリ」日本上陸

「プロが大注目するバイク」抜群の路面対応力&毎日乗りたい魅力満載!高速もワインディングも楽しめる“クロスオーバーバイク”3選

新型ミドルクラス輸入二輪を乗り比べ、マニア垂涎のヤマハ「XSR900 GP」ほか【バイクの人気記事ランキング】(2024年5月版)

「車検に落ちるかも!?」8月から始まる新検査基準を解説、期待値爆上がりの新型フリード ほか【クルマの人気記事ランキング】(2024年5月版)

【最注目のメンズケアブランドを徹底解剖】七つのキーワードからMARO17の魅力を紐解く!

「ロマンあふれる腕時計」ザ・ニシオギの最新作は隕石と天然石で夜空の煌めきと神秘を表現した珠玉の一本

【入荷したら即完売を繰り返す】アタオのギミック財布「チェス」の新作もやっぱり買い!

今月のモノマックス特別付録

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ