MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【コンパクトミニバンの大本命】「新型ホンダ フリード」6月に正式発表が決定! 先行公開の内容に早くも期待値爆上がり!?

執筆者:

ホンダのコンパクトミニバン「フリード」が正式発表を前に内容の一部を先行公開

この記事の画像一覧を見る(16枚)

ホンダのコンパクトミニバン「フリード」がこの6月に8年ぶりにフルモデルチェンジされるが、今回、その正式発表を前に内容の一部が先行公開された。

「モビリオ」の後継として2008年に登場した初代フリードは、ちょうどいいサイズのコンパクトミニバンとして大ヒット。2016年に現行2代目に進化し、3列シート車の「フリード」と2列シート車の「フリード+」で登場、後にクロスオーバースタイルの「クロスター」を追加し、人気を不動のものとしてきた。取りまわしがよくて運転しやすく、コンパクトなボディサイズなのに室内が広く、使いやすい3列シートを備え、とくに30代の子育て層に絶大な人気を誇ってきたが、3代目となる新型フリードはどんなクルマになったのだろうか。

「フリード エアー」と「フリード クロスター」の2タイプを設定

居住性と使い勝手の良さを兼ね備え、人びとの暮らしに寄り添う「ちょうどいい」クルマとして高く評価されてきた「フリード」だけに、新型が従来の美点を継承するキープコンセプトとなるのは当然だが、そんな中でも、今回先行公開された新型「フリード」では、時代の変化や技術の進歩を反映した、時代の感性にフィットする進化を見ることができる。

新型フリードでは2タイプを設定。ひとつはシンプルなデザインの「フリード エアー」

両タイプともに3列シート7人乗り仕様のほか、6人乗りキャプテンシート仕様を設定

リアは台形基調のフォルムとすることでスタンスのよさを表現

フリード エアー

アウトドアにも似合うタフなデザインの「フリード クロスター」

フリード クロスターでは広いラゲッジルームの2列シート仕様も用意

黒基調のガーニッシュを施すなど、アウトドアにも似合うタフなデザイン

フリード クロスター

そのひとつが、シンプルなデザインの「フリード エアー」とアウトドアにも似合うタフなデザインの「フリード クロスター」の2タイプを設定し、それぞれの個性をより際立たせたこと。両タイプともに3列シート7人乗り仕様を標準として6人乗りキャプテンシートを設定したのに加え、フリード クロスターでは広いラゲッジルームの2列シート仕様も用意する。

この記事のタグ

この記事を書いた人

ライター/近藤暁史

ライター/近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【ジープの代表格オフローダー】「ラングラー」が6年ぶりに大幅改良して登場! 2つの限定車は争奪戦必至!?

【プレミアムなハッチバック】フランスの初夏を感じさせる特別な「DS4」が登場、ひなげし色のコクリコ エディション!

話題沸騰中の“新・ランクル”、お値段以上のスズキ新型「スイフト」ほか【クルマの人気記事 月間ベスト3】(2024年4月)

【第2弾も完売必至!?】カタログにはない限定車「アバルト F595C セカンド エディション」が登場

乗り物ライター注目の“ちょうどいいバイク”、SHOEIの優秀ヘルメット ほか【バイクの人気記事 月間ベスト3】(2024年4月)

【体験レポート】「ジムニー」のホビーラジコンが超遊べる!大人も夢中になりすぎた!!『YouTubeで徹底解説』

【新しい旅のカタチ】 JTBが提案する「アドベンチャーツーリズム」に注目!現地ガイドが案内するおすすめプランで新発見と感動の旅を!

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

今月のモノマックス特別付録

【この付録が便利すぎる!】カード20枚収納&キーリング付き!ミニ財布の決定版!

【この付録が便利すぎる!】カード20枚収納&キーリング付き!ミニ財布の決定版!