MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

「国産牛=和牛は間違い?」実は焼きすぎ!? 食のプロに教わる“美味しい牛肉”の選び方、焼き方のコツ

執筆者:

牛肉

この記事の画像一覧を見る(4枚)

気軽には買えない牛肉。たまに奮発して食べるなら美味しく調理したいですよね。とはいえ、選び方も適切な調理方法も実はよく知らない……という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は牛肉の調理法について、食の専門家であるスギ アカツキさんに聞きました。

「今夏のケンタッキーは柑橘系推し」暑い日でも食欲が湧く!限定和風バーガーをグルメライターが実食レポート

国産牛=和牛は勘違い!

国産牛=和牛ではないまずは「和牛」「国産牛」の違いについて。どちらも同じ日本で育ち加工された牛のことではないの?

「まずは『和牛』と『国産牛』が異なることを理解しましょう。和牛は日本の在来種をもとに作られた品種のもので黒毛和種・褐毛和種・日本短角種・無角和種の4種類のみ。国産牛は日本で3か月以上飼育・加工された牛です。国産牛の判断は肥育場所と肥育期間のみであるため、牛の品種や出生地などについては一切問われず、乳が出なくなった乳牛用の老いたホルスタインも、食用の国産牛になっている場合があります。

効率やコスト、病気にかかりにくいなどを考えると、乳牛と和牛を掛け合わせた交雑種と呼ばれる牛が生産者にとっては扱いやすいんです。しかし和牛と国産牛はかなり味が変わります。本当に美味しい牛肉を選びたい場合には和牛を選ぶと良いですね」(スギ アカツキさん)

なんとなく国産=美味しいと思っていると実はそうではない恐れがあるのですね。牛肉を購入する際に、どれが美味しいものなのか悩んでしまいますが、『肉の美味しさの原理』を知ると選びやすくなるとスギ アカツキさんは話します。

「舌の上に肉の成分が長くとどまればとどまるほど、人は肉を美味しいと感じます。旨味や味自体は赤身にありますが、舌の上にとどまるためには脂身が重要です。そのため、脂=サシが多いほど美味しさを長く感じやすい。とはいえ、どの程度の脂身量を適量と感じるかは個人差や好みがありますから、この原理を知ったうえで自分の好みに合わせて選ぶと良いと思いますよ」(スギ アカツキさん)

この記事のタグ

この記事を書いた人

松本果歩

ライター松本果歩

インタビュー記事から食レポ記事までジャンルを問わず執筆するフリーランスライター。コンビニを愛しすぎるあまり、OLから某コンビニ本部員となり、店長を務めた経験あり。

執筆記事一覧


Twitter:@KA_HO_MA

Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「今夏のケンタッキーは柑橘系推し」暑い日でも食欲が湧く!限定和風バーガーをグルメライターが実食レポート

“平成感がエモすぎる”セブンの復刻レトロパン、「こんなの初めて…」ミスドの新食感ドーナツ ほか【スイーツの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「夏の弁当にミニトマト・ブロッコリーは危険?」食のプロに教わる“夏のお弁当”を傷めないための食材選び、調理のコツ

「エアコンの設定温度28℃は間違い?」節約アドバイザーが教える“エアコンの効果的な節電方法”ベスト4選

ドンキのヤバい“偏愛めし”、「冷めても美味しい」ロケ弁大賞に輝いた人気弁当 ほか【話題のグルメの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「一時休業で話題の名店監修」あの味がローソンで食べられるとは……人気の町中華店“早稲田メルシー”監修メニューを実食レポート

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!