平昌オリンピックでも大注目されたアイウェアはコレです!!アスリートをサポートしたOAKLEYの「Harmony Fade Collection」をご紹介します!!


オリンピックの興奮冷めやらぬ今日この頃ですが、皆さんお気づきでしょうか?
今回の平昌オリンピックで公式採用されていたオークリーのアイウェアを!
あの人気選手も、あのメダリストも目元はこのゴーグルとサングラスでしたね。
気になった方も多いと思いつつ、今回はこの“Harmony Fade Collection”をご紹介させていただきます!

1 オークリーのテクノロジーの粋を集めた、ハイスペックなレンズに注目!

今回のアイウェアにはすべて、PRIZM TORCH IRIDIUMというオークリー独自のレンズを搭載しています。
特徴としては3つあり、コントラストがはっきりし、幅広いシーンに対応し、劣化しにくいレンズです!!
まず最大の特徴である雪上にコントラストを生み出すということですが、銀世界というのは雪の白色しかないので、光を反射し、真っ白に見えがちです。。。
それがこのレンズ越しだと、こんな感じで見えます!!

左が一般的なレンズで、右がプリズムレンズのものです。
これは一目瞭然ですね。。。
視界のクリアさが全然違いますね!
眼球機能や、色彩技術の研究をベースに15年かけて開発した技術とも言われています。。。
人が見えにくい色を強調し、残りの色を抑えて、クリアな眼界を作り出します。
このコントラストの高さがあれば、幅広い天候コンディションに対応できるので、レンズを変える必要も少なくなるというわけです。

さらにもう一つの特徴として、劣化しにくいレンズについて。
一般的なレンズは、紫外線カット素材が表面にコーティングしているものが多く、使用しているとコーディングが剥がれ、効果が薄くなる場合があります。
このレンズには、ベースの素材自体に練り込まれているため、コーティングとは違ってパフォーマンスが落ちず、劣化にくいというわけです!

2 白銀に映える2トーンのカラーリングとその意味とは?

今回のアイウェアですが、よく見ると中心から、オレンジとイエローのグラデーションになっています!
「アスリートの内に燃える炎」を表現したオレンジと、「果敢に夢を追い求めるアスリートの勇気を照らす太陽」を表したイエロー。
世界最高峰のステージに立つ選手たちに敬意を払う意味も込めてこのカラーリングになったそうです。

しかもフロントだけで無く、バックスタイルも2トーンになっているのもいいですね!
左右から違った表情で見えるのもいいですし、何よりプロフェッショナル感のあるデザインが素晴らしいです!!

パフォーマンスとデザインを両立させた、今回のHarmony Fade Collection。
実はそれぞれ、使用に適したシーンやモデルごとの特徴がまだまだありますが、
今回は大きな特徴だけをピックアップしてみました!
是非気になる方は、店頭へと急ぎましょう!
ゲレンデが呼んでますよ!!

[Hamony Fade Collection]

●右上:Line Miner ¥22,000
平面レンズを採用し、周辺視野を究極まで確保できる。メガネユーザー対応モデル。

●右下:Rader EV Path ¥30,000
レンズの天地が高く、視野がより広くとれるモデル。レンズが気化冷却を促進するベンチレーションを実現している。

●左下:Flak 2.0 ¥27,000
フィット感に優れ、視野も広くとれるモデル。

●左上:Canopy ¥26,000
レーシングからパークやクルージングまで使えて、メガネユーザー対応モデル。


●上:Flight Deck XM ¥28,000
フレームレスで視野が広くとれて、ヘルメットの互換性にも優れた、メガネユーザー対応モデル。

●下:EV Zero ¥27,000
フレームレスで視野が広く、オークリーのスポーツサングラスの中でも最軽量のモデル。

全てのモデルにPRIZM TORCH IRIDIUMレンズを採用。

[問い合わせ先]
オークリージャパン
TEL:0120-009-146
URL:http://jp.oakley.com/

スタイリスト 小林 知典

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月7日(金)
890円(税込)