購入後2ヶ月! FARO(ファーロ)の財布がバツグンに使いやすい!

6つもポケットがあるのに驚異的な薄さ! 編集部・ユズキが実際に購入して使用しているFARO(ファーロ)のコア ウォレット ボレロを紹介します。購入して2ヶ月が経過しましたが、とにかく使い勝手がバツグンでかなり気に入っております。

最近購入したBellago(ベラーゴ)の財布がシンプルで実にいい!」の記事にありますが、長年使っていた長財布をやめて、財布をコンパクトなものに買い替えました。そこで、交通系カード類を財布と切り離すことを考え、こちらの財布を購入したという経緯があります。悩んで悩んでたどり着いた購入だったこともあり、個人的にはBellago(ベラーゴ)と今回ご紹介するFARO(ファーロ)の2個持ちがベストかなと思います。どんなところがオススメかをご紹介していきますね。

ポケットはなんと6つ! それなのに薄さ僅か4mm!

この財布のポイントはなんといっても薄さです。ご覧のようにとにかく薄い。実は仕事中もパンツのポケットに入れっぱなしにしています。それでもまったく違和感がない。薄いと常に持ち歩いているにもかかわらず、まったく邪魔にならない!

改めてサイズを測ってみると、僅か4mmという驚異的な薄さです。本誌でも何度も紹介しているファーロ、最大の特徴はこの薄造りの技術。極限まですいた革を2枚貼り合わせてひとつにしているのです。さらに、すごいポイントは、この薄さながら、なんとポケットが6つもあるということ……!

使い分け可能な6つのポケット!

表面は4つのカードポケット。定期、ICカード、社員証などを入れています。交通系のよく取り出すものをこちらに集約してみました。

実際に入れるとこんな感じですね。とても見やすいので、カードを間違えることもありません。

もちろん、ICカードもそのままタッチ可能です。

サイドには大きなポケットが。札入れなどにぴったりです。

私はご覧のように領収書入れとして使用中。

そして、背面にはファスナー付きのポケットがあります。

こちらは小銭入れとして使用しております。小銭は基本的にはベラーゴの財布に入れているので、非常用の小銭程度な感じです。

と、ここまで私の使用例を紹介しましたが、これら6つのポケットにいろいろ詰め込んでもやっぱり薄い!

詰めてもこの程度なので、パンツのポケットに入れっぱなしでも表に響かずに使えるというわけです。スーツの胸ポケットに入れていても響かないので、スーツを着る機会が多い方や、冠婚葬祭のときにも便利ではないかと思います。

2ヶ月使って思ったのは、薄造りながら耐久性もあるなということ。破れそうな気配もないですし、安心して使っています。また、革自体も気に入っています。使い込むごとに味がでてくる革もいいと思うのですが、個人的には常に美しい状態を保ってくれる革の方が好みでして、これは2ヶ月使っていますが、購入したばかりのように美しい。人に見られてもすっきりスマートな印象を与えてくれるのではと思います。

また、長財布をお使いの方は、これをこのまま長財布に入れてしまうのもありかもしれません。

財布をコンパクトなものにすると、身も心もなぜかすっきりした気になります。持てるカード類が少なくなるというデメリットはありますが、そんなに持ち歩く必要もないかなと思うようになりました。もし買い替えをお考えの方がいたら、参考になればうれしいです。

FARO(ファーロ)
コア ウォレット ボレロ
¥16,200(税込み)
問 FARO 新宿NEWoMan店 03-6273-2713

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 11月号

10月9日(火)
950円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから