オシアナスの新作は伝統と先進を融合させた限定モノです!

限定モノ。
服、靴、鞄、など各ジャンルで数多の限定商品が登場してきますが、中でも特に多いのが時計。
しかも時計の限定モノは特に、人気が高く、発売後さらに付加価値がついて、価値がどんどん上がっていくモノもあります。
今回は職人の技術と現代風のアプローチを備えたカシオのオシアナスマンタより、世界限定3000本のみの新作をご紹介していきます!

目玉は江戸切子の職人によるカッティング技術!職人の技術をご覧あれ!

時計

ドレッシーなデザインを得意とするオシアナスの新作は、江戸切子の職人の技術を用いたクロノグラフ。
この江戸切子というのは、江戸時代後期からある日本伝統工芸の一つで、ガラスの表面に彫刻を施す技法のことを言います。
その江戸切子の職人である、三代秀石 堀口徹さんが一つ一つ手作業で仕上げたサファイア素材のベゼルを採用しているのが今回の新作です!

時計

通常、江戸切子はクリスタルガラスのような硬度の低い素材を使いますが、今回使用したのはダイヤモンドの次に硬いサファイアにハンドメイドで時間をかけて作り上げた逸品です!
このベゼルには、オシアナスの洗練されたイメージを日本伝統の文様の一つであり、縦の縞模様を表す「千筋」を用いて表現しています。
そこに切子で使われる薄瑠璃と呼ばれる淡いブルーとブラックのコンビネーションカラーリングにブルーIPのリングを装着し、東京の夕暮れの空をイメージしデザインしたそうです。

時計

さらにこの時計がスゴイのは、伝統的な技術を用いているからだけではありません。
インダイアルにあるフルオートカレンダーやストップウォッチの他に、ソーラー充電システムであるタフソーラーを使用電源に採用しています。
これにより、日光を浴びていれば半永久的に使用できちゃうワケです!
さらに現代の時計らしく、Bluetooth®対応もしていて、専用のアプリをいれてリンクさせれば、時刻修正機能や、約300都市の時刻を設定することのできるワールドタイマー機能だったり、携帯探索機能だったりと、近年のハイブリッドスマートウォッチには欠かせない機能も満載です!

これらの伝統的な技法と現代的な技術を掛け合わせ、オシアナスにしかできない1本が発売されます。
まるで一つの作品のような技術やデザインにうっとりしても良し、スマートフォンと合わせてジェットセットな使い方も良しな珠玉の1本!
一度は見ていただきたい、自信作になっていますので、是非ともチェックしてもてください!

[OCEANUS 新作 OCW-S4000D-1AJF]時計

日本伝統の江戸切子を用いた世界限定3000本の新作。
カッティングやカラーリングの随所に職人芸を感じられ、スマートフォンリンク機能により、ワールドタイマーや携帯探索機能などの現代的な機能も味わえる。
伝統と先進が融合した、オシアナスマンタの新作。
品番:OCW-S4000D-1AJF
サイズ:H48.3×W43.3×D11.4mm
重さ:約90g
使用電源:タフソーラー(ソーラー発電システム)
機能:モバイルリンク機能により約300都市のワールドタイム設定、自動時刻補正などの様々な機能が使えます。
発売日:2018年10月5日(金)
販売個数:世界限定3000本
¥200,000

[問い合わせ先]
カシオ計算機
TEL:03-5334-4869
URL:https://oceanus.casio.jp/

スタイリスト 小林 知典

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 1月号

12月7日(金)
890円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから