MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

6月号通常号

6月号通常号

2024年5月9日(木)発売
特別価格:1,290円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

ベンツ CLSは“本当に素敵なメルセデス”だった!【今語りたい名車 Car No.41】

これはいい!という期待感に満ちあふれている

「グランツーリスモ」シリーズのプロデューサー、山内一典さんが毎号1台のクルマを取り上げてその魅力を語るMonoMax連載「山内一典が選ぶ今語りたい名車、未来も語りたい名車」。
本ブログでは、これまで当連載で扱ってきた名車を1台ずつ紹介しています。
第41回の名車はメルセデス・ベンツ CLS450 4MATIC スポーツです。

山内さんの口から、
「デザインはドイツ車というくくりを超えてエレガント」
「乗った瞬間のタッチや走りの感触も含めて“これはいいメルセデスだ”っていう期待感がありますね」
「ラグジュアリーなパーソナルカーとしては文句なし。パーフェクトな1台です」
との絶賛の声が飛び出したCLS450は、果たしてどんなクルマなのか?

メルセデス・ベンツ CLS
CLSは美しいクーペスタイルを纏う4ドアのラグジュアリーセダン。
メルセデス・ベンツ CLS
フルモデルチェンジにより3代目に進化。
ボディサイドのキャラクターラインを廃するなどメルセデス・ベンツの新しいデザイン語法を採用する初のモデルだ。
メルセデス・ベンツ CLS
価格は799万円~1274万円。
上位モデルの「CLS 450 4MATIC スポーツ」は最高出力367ps、最大トルク500Nmを発生する新開発の3リッター直列6気筒エンジンに、16kW/250Nmを発生する電気モーターを組み合わせたハイブリッドユニットを搭載する。
メルセデス・ベンツ CLS

このほかに最高出力194PS、最大トルク400Nmの2リッター直列4気筒ディーゼルエンジン搭載の「CLS 220 d スポーツ」をラインナップ。
9月にはさらなるハイパフォーマンスモデルとして「AMG CLS 53 4MATIC+」が登場。
パワーユニットはCLSよりさらに強烈で、単体で435psを発生する直列6気筒ターボに16kW/250Nmのモーターを組み合わせたハイブリッドユニットとなる。

●ここにも注目!
CLS 450 4MATIC スポーツのボディサイズは全長5000mm×全幅1895mm×全高1425mm。
メルセデス・ベンツ CLS
新世代のデザインを纏い、最新ハイブリッドユニットを搭載。
運転支援機能「インテリジェントドライブ」も進化した。
メルセデス・ベンツ CLS

取材・文/日岐まほろ
(本文の内容は2018年本誌掲載時点のもの)

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

小さな新・高級車「レクサスLBX」はセクシーだけどカジュアル!“遊べる注目車”を自動車ジャーナリストが徹底解説

「あなたのクルマ、車検に落ちるかも」 8月から始まる“新検査基準”が結構シビアに……思わぬ出費に備えて!

セクシーでお買得な“ホンダ新型”をプロが徹底解説、日本発売に期待膨らむ日産「キックス」ほか【SUVの人気記事 月間ベスト3】(2024年4月)

【彩速テクノロジー搭載】緻密でワイドな視野角のHD映像を体感!ケンウッドが最新カーナビ4機種をローンチ

【それも違法!?】ドライブシーズン到来「やってしまいがちな交通違反4選」守っておくべき交通ルールを解説

【EVの不安を一掃】ホンダが「N-VAN  e:」の販売開始に先立ちEV充電サポートサービスを開始!

MonoMax編集長も太鼓判! 夏の不快感の原因は「汗」! それを打破してくれるのがずばり「アセドロン」なんです!

【新しい旅のカタチ】 JTBが提案する「アドベンチャーツーリズム」に注目!現地ガイドが案内するおすすめプランで新発見と感動の旅を!

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

今月のモノマックス特別付録

【この付録が便利すぎる!】カード20枚収納&キーリング付き!ミニ財布の決定版!

【この付録が便利すぎる!】カード20枚収納&キーリング付き!ミニ財布の決定版!