シリーズ累計9万本の大人気スーツケースに備わった新機能とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロテカ「マックスパス3」¥60,000(税抜) 外寸サイズ:H50×W40×D25cm、 重量:3.6kg

出張中でもスピーディに仕事をこなしたいなら、機内に持ち込める大容量のスーツケースは必須アイテム。
プロテカの「マックスパス」は、40Lの収納力を誇りながらも、機内持込ができるコンパクト設計で、シリーズ累計9万本を売り上げている人気商品です。

このたび、そのマックスパスに新機能が加わってリニューアル、さらに使い勝手が良くなりました。

 

特許取得構造のキャスターストッパーを新採用!

油断したときにやってくる電車の急発進・急停止。常に気にかけていても、スーツケースが不意に動き出してしまうのを防ぐのは難しいことです。

この問題を解決すべく、「マックスパス」はキャスターストッパー機能を新たに搭載しました。

持ち手の根元部分にあるスイッチを下ろすと、スーツケース背面側の車輪にストッパーがかかり、スーツケースの不意な走行を防ぐという仕掛け。

混雑した車内でもスマートに、ワンタッチでストッパーのオンオフできるのが便利です。

 

 

快適な旅を約束する充実の機能!

新採用のキャスターストッパーの他にも、「マックスパス」には多彩な機能が備わっています。

キャスターには回転を補助し、走行を滑らかにする「ベアロンホイールR」を採用。走行音がより静かになりました。

13インチまでのパソコンを収納でき、出し入れしやすいフロントオープンポケットもビジネスマンにはマストな機能。

今回のリニューアルでは、ポケットのサイズが大きくなったほか、ポケットのフタ裏にポーチを装備。アダプターやケーブルなどのパソコン周辺機器がより整理しやすくなりました。

メインもフロントポケットもしっかり施錠できるデュアルホールド式TSAロックですから、セキュリティ面でも安心です。

左より、ガンメタリック、ブルーグレー、コロナレッド、ダークシルバー

カラーは4色で展開。本体素材はポリカーボネートハイブリッド樹脂で、傷や汚れが目立ちにくい表面マットシボ加工を施しています。

スイスイ動くのに、不意の走行はストップ。リニューアルしたプロテカ「マックスパス」は、これまで以上に快適な旅を提供してくれそうです。

 

エース オンラインショップ
https://store.ace.jp/shop/default.aspx

プロテカ公式サイト
https://www.proteca.jp/

 

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 6月号

5月9日(木)
980円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

ビームス BEAMS 長財布 極薄財布

BEAMSの財布付録、編集部員はこう使った!【MonoMax…