梅雨も突然の雨もヘッチャラ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雨の日の頼もしい味方”レインブーツカバー”

梅雨といっても毎日雨が降るわけではない。バイクに乗ることができない日が続くと、ストレスがたまってくるのがライダーというもの。だから梅雨の合間の晴れや曇りの日にはバイクに乗りたくなる。そんな時、万一に際してレインウェアを準備するライダーは多いが、意外と忘れてしまいがちなのが足元。確かに最近は防水性に優れたライディングブーツも出ていて、ちょっとくらいの雨であれば何の問題はない。

 ただ、それらのブーツの普及率がそこまで高いとも言えず、まだまだ一般的なライディングブーツやレザーブーツ、もしくは普通のシューズでバイクに乗っている人の方が断然多いのが現状。急な雨に降られた際、または雨でも乗らなければならない、さらにはツーリング先が天候不良など、そんな際に大活躍してくれるアイテムを今回はご紹介。それが、ライダースブーツを展開しているメーカー、ウイングローブの「レインブーツカバー」。

 製品に使用されているのは特殊なラバー素材で、伸縮性に優れ、ゴツいライダースブーツの上からでも履きやすく、しっかりとブーツにフィット、さらに丈夫で雨にもかなり強い。価格もリーズナブルで、ライダーだけでなく、日常からアウトドアシーンまでフレキシブルにも使える。雨対策として、レインウェアとセットで揃えておきたいアイテムとなっている!

伸縮性に優れ、どんなシューズにもフィットする!

カバーの素材には特殊なラバーを使用。伸縮性に優れているので、スニーカーからブーツまで、幅広い靴にフィット。よりフィット感を高めて使用をしたい際には、一つ下のサイズをチョイスするのがオススメ。

 バイクシーンでのシフトチェンジの際にも、操作の邪魔にならず、また磨耗にも強い素材となっているので心配することもない。また底面には滑りにくい加工も施されているので、濡れた路面でも安心して歩くことができ、普段使いのシーンでも活躍してくれる。

コンパクトだから携帯性も抜群!

  

レインブーツの作りは、画像のように平面のフラットなスタイルとなっているので、簡単に折りたたんだり、丸めたりして、とてもコンパクトにすることができるのでバッグ等にもしまいやすく、携帯するのにも便利。

 また水はけの良い素材となっているので、比較的乾燥するまでの時間が少なくてすむので、ちょっと干しておけば、バック内を濡らすこともない。

履くのが面倒?そんなことはノープロブレム!

 

ちょっと履きにくいのでは?と考える人もいるかとは思うが、実際に履いてみると、そこまで力を使わずにカバーを広げることができ、かなりスムーズに履くことができる。

 ちなみに、つま先を入れる際には、靴下のようにくしゅくしゅはせずに、図のようにひっくり返すように半分ほど折り曲げると履きやすく、あとはカバーを伸ばしながらかかとまで一気に引き入れ、最後にブーツの金具やベルト等に気をつけながら引き上げれば、あっという間に履くことができる。一足持っていると便利なレインブーツカバー、ぜひ試してみてほしい!

 

WILDWING レインブーツカバー

価格:¥2,500(税抜)

カラー:ブラック

サイズ:S(スニーカー23.0〜26.0、ブーツ22.5〜24.5)

M(スニーカー25.5〜27.0、ブーツ24.5〜26.5)

L(スニーカー26.5〜29.0、ブーツ26.5〜28.0)

 

【問い合わせ】

ウイングローブ TEL.03-5603-5600 

公式ホームページ winglove.co.jp

取材・文/安室淳一 写真提供/ウイングローブ

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月9日(月)
980円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

ナノ・ユニバース ナノユニバース nano MonoMax モノマックス 付録 財布

ナノ・ユニバースの長財布は30枚のカードが収納でき、とても出…